【香川県小豆島5】道の駅オリーブ公園ギリシャ風車で飛び跳ねて、最強パワースポット江洞窟を参拝した家族の2018年08月過去ブログ

寄り添ってベンチに座る外灯 グルメ
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、ずっと前からゴリラ好きアラサーフリーターmamuです。

今回も2018年08月、家族旅行・香川県小豆島編第5弾スタート!

前回よく分からないけど素敵な場所で美味しいパスタを食べた我々は、今度こそ道の駅オリーブ公園を目指した。

そして数分と経たぬうちに本来の目的地へと辿り着いた。

…これは今だから思うけど、あそこもオリーブ公園の敷地だったのでは??

調べてみても確証が取れないので真相は闇の中…。

さて、気を取り直してオリーブ公園にやって来た私たちのお目当てはギリシャ風車!

小高い丘に建つ真っ白な風車と瀬戸内海が美しい有名スポットだ。

オリーブを使ったお土産が沢山売られているオリーブ記念館で箒を借りられるので、箒を借りてテンションが上がる私たち。

その名も『魔法のほうき』。

このオリーブ公園は実写『魔女の宅急便』のロケセット、ロケ現場があるのだ。

魔女宅と言えば箒である。

しかし小豆島とは映画セットが点在していたり町ぐるみで美術館をしていたりと、本当にアートの島だと書いていて実感する。

道中オリーブ農園を横断した。

約2000本あるオリーブの木は圧巻だ。

青々としたオリーブがそこかしこに実を付けていた。

花言葉は『平和』だそう、素敵。

その雰囲気はどこか日本離れしていて、異国情緒を漂わせていた。

夏場に一番暑くなる昼下がり、オリーブ園を抜けるとギリシャ風車の丘が目に飛び込んだ。

さすが人気スポットだけあって、沢山の人で賑わっていた。

中には黒いワンピースでばっちり決めている人の姿もあった。

そういう楽しみ方もめっちゃアリだと私は思う。

ここからの景色も綺麗!

ギリシャ風車前でのお決まりに則って、箒に跨りジャンプして写真を撮る。

すると、作中のキキみたいに箒で飛んでいる風な写真が撮れるのだ。

私は高いヒールを脱ぎ捨てて、ここぞとばかりに跳んだ。

恥など無い、むしろ全力で楽しまねば損というやつだろう。

ここでは家族4人共にそれぞれ素敵な浮遊写真を撮ることが出来た。

余談だが、地面が芝生だろうと真夏に裸足はめっちゃ熱い…っ。

同じくヒールを脱いで跳んだ母も「めっちゃ熱かったな」と感想を残している。

女性の方は気を付けて!

すっかり魔女宅気分が盛り上がった私たちは、アニメ版の主題歌とかを歌いながら次の目的地を目指した。

基本私の家族は私含めてすぐに歌う。

ちょっとびっくりするかもしれないけど、ご機嫌な家族だなくらいに思って頂ければ幸い。

そうしてご機嫌に向かったのは、実写版魔女宅のグーチョキパン店ロケセットだった『ハーブショップコリコ』!

キキが居候するパン屋さんはこの時、雑貨屋さんとしてオリーブ公園内にあった。

敷地に入ると植えられたハーブの香りがしたのを覚えている。

敷地内にはお洒落な電灯が。

この日の暑さを考えると、割と本気でこんな感じになりそうと内心思った。

お店は小ぢんまりしていて、かわいいという表現にぴったりな雰囲気。

店内を全て見せる事は出来ないので少しだけ。

深い緑の壁紙がかわいいコリコのお店は、比較的若い女性客が多かった。

雑貨好きの私と母はじっくり店内を見て回って満足したのだが、そんな中弟は真剣な様子でアクセサリーを眺めていた。

女性向けの物しか無い気配のアクセサリー。

弟は彼女へのプレゼントを選んでいたのだ。

しばらく経って良いプレゼントが見付かった様子の弟、これには内心ほっこりする姉であった。

ちなみに、この道の駅オリーブ公園には他にもフォトジェニックな映えスポットが沢山ある。

私たちが小豆島観光した中でこの場所が一番若い人が多かった。

こうして充実した昼下がりを満喫した私たちは、次いで小豆島霊場第60番・江洞窟(ごうどうくつ)を目指した。

昔は潮が引いた時にしか参拝出来なかったお寺だ。

海沿いにあるこの江洞窟は、昔この地を訪れた弘法大師が悪魔を洞窟に封じたと言われている。

駐車場は無料で、大体5台くらい駐車出来た。

そう言えば、神社に鳥居があるのは何となく分かるけど、お寺にも鳥居があった時驚いた事はないだろうか?

これは江戸時代に神社とお寺を一緒に建てる事が多かった事も理由のひとつなのだが、平安時代には”神様も仏様ももともと同じ”という考え方が浸透していたからだ。

後々ふたつの違いを改定したけど、今でもあべこべな時代の名残が残って今に至るそう。

さて、話を戻すが江洞窟は本当に海のすぐ側にあった。

参観時間は09:00~16:00。

海とお地蔵さんが雰囲気を醸し出す。

悪魔を封じた後、洞窟には弁財天様が祀られている。

首から上(頭痛・脳・ちくのう・中耳炎)の病気にご利益があるそうで、弁財天様なので金運アップを祈願する人も多いそうだ。

半地下にあるお寺、洞窟の中に入ると岩肌に大きな丸い球の石があった。

1枚岩の岩肌なのに、まるで違う岩を埋め込んだような滑らかな球体。

自然に出来たものだそうだが、一体どうしてそんな形になったのか漠然と考えたものである。

長い年月や自然が織りなす光景は圧倒的に雄大だったのだ。

悠久の時に侵食した波の影響か、はたまた神秘的