【香川県小豆島2】重岩を見て一瞬で下山する父と、世界一狭い海峡がイマイチ理解できない4人の2018年08月の思い出旅

グルメ
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、最近チンするタイプのアイマスクが欲しいアラサーフリーターmamuです。

前回小豆島に到着するまでのフェリーの様子を綴ったが、今回はいよいよ観光編!

時は2018年08月に遡って、遂に小豆島に到着した私たち。

瀬戸内海に浮かぶ離島、小豆島は香川県に属する島だ。

古代には『あずきしま』その後『しょうずしま』と呼ばれていて、素麺・醤油・佃煮・ゴマ油などの生産が盛んである。

その中でも特にオリーブは国内栽培の発祥地として有名。

お土産には事欠かないスポットだろう。

そんな小豆島で目指すは重岩。

山の中腹まで車で行けるけど、結構道が狭かった印象で対向も難しそう。

なので、大型車の方は気を付けて!

重岩は小瀬石鑓神社のご神体、神社の駐車場に駐車して出発。

駐車場規模は4~5台停められそうなくらい。

何故裏側の写真なんだろう…?

この時の自分が何を考えていたか分からない…。

この日は真夏日和で朝からジリジリと暑かった。

せっかくの旅行なので曇天よりも快晴の方が断然良いけれど、数々旅行してきた中でこの小豆島が断トツに暑かったと記憶している。

駐車場から重岩までは徒歩20分程。

しかし、ただ歩く訳じゃない…スタート地点には登山用の棒が用意されているくらいハードな道のりが待っているのだ。

体力に自信が無い!!と胸を張って言える私と母を待ち受けていたのは、先が見えないくらいずっと続く階段だった。

数は大体370段…しかも急。

私と母はハウルの動く城の荒れ地の魔女ばりにゼェハァ言いながら登った。

照りつける太陽と険しい道に溶けそうになった。

「まだ続くで(笑)」と言う弟の余裕な声を聞きながら、気が遠くなったのを覚えている。

10分程でようやく階段を脱したと思ったら、次に待っているのは急な坂の小道。

ダラダラ汗を流しながらも小道を抜けると、次はロープを伝って岩場を登る事に…。

脳裏には鳥取県・三徳山投入堂を目指した日の思い出がフラッシュバックした。(参道が日本一危険な国宝と呼ばれている)

しかし、その険しい道を経た私たち家族を待っていたのは想像以上の絶景だった。

今まで必死で見えていなかった空の青さやイキイキとした緑が目に飛び込んだ。

ようやく到着、小瀬の重岩(こせのかさねいわ)!!

達成感が凄い!!!(笑)

絶対に言える事は、体力に自信の無い方・小さすぎるお子さんやご高齢の方には厳しいだろう。

そして女性はヒールやスカートだったら絶対無理!

スニーカー、それも滑りにくいやつが良いだろう。

何でこんな事になったのか不思議な大岩、落ちないのだから凄い。

霊峰石鑓山のパワーが貰えるパワースポット。

標高が高いので風が気持ちいい!

夏場でも汗を乾かす涼やかな風が吹いていて、爽やかな気分になった。

体力自慢の父と弟も汗だくだったけど、家族の瞳はそれぞれ輝いていた。

見渡せば遠く眩しい海には沖島や小豊島まで見える。

めっちゃしんどいけど此処は本当におススメ出来るスポットだった。

機会があれば親友ちゃんにも見せたいくらい。

各々が風に涼み景色を堪能する中、ここにきて父の様子がおかしくなった。

先程まで楽しそうだった父が真顔になる。