【香川県小豆島4】二十四の瞳映画村に感動した後、オリーブ公園を目指すも気付かずに違う場所にいた4人の2018年08月過去旅ブログ

二十四瞳映画村内のひまわり畑 グルメ
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、リビングのカーテン越しに差し込む朝日が大好きなアラサーフリーターmamuです。

2018年08月の小豆島家族旅行は2日目に突入する。

お料理のお宿千鳥にて心地良い眠りに付いた私たちを素晴らしい朝食が待っていた。

前回も登場した写真。(笑)

何度でも言う、美味しかった。

お料理のお宿千鳥さん、本当に素敵な思い出をありがとうございました。

ここの女将さんも大変気さくな方で、その人柄にも癒された。

この日の朝チェックアウトの手続きをする母に女将さんは「綺麗やね~!」と繰り返す。(笑)

どうやら余程タイプの顔だったようで褒められた母は笑いながらも嬉しそうだった。

女将さんハツラツとしたおばあ様だったが、今も元気にしているだろうかと思った。

検索してみると割と新しいクチコミもあったのでご健在なのだろう、安心。

元気にお宿を営んでいて欲しい。

お宿が気になる方はコチラ

楽天トラベル

この日目指すは二十四の瞳映画村。

小豆島と言えばこの映画を連想する人も少なくないだろう。

駐車場には既に多くの車が停まっていた。

駐車場無料、他にもバスで沢山の観光客が映画村を目当てに活気だっていた。

それだけで旅気分が盛り上がってワクワクした。

二十四の瞳映画村とは1987年に公開された映画『二十四の瞳』のロケ地として造られたオープンセットである。

約1万平方メートルの広大な敷地に大正・昭和初期の村が再現されているのだ。

実際に映画を見た人は勿論、そうでなくても好奇心をくすぐる。

車を降りると朝から元気な太陽が眩しかった。

二十四の瞳映画村は海岸沿いにあり、綺麗に輝く海が出迎えてくれる。

水が透き通っていて本当に綺