【滋賀県3】近江八幡の古き良き町並みを散策しながら今までの節約が嘘のように買い食いを始めるアラサー車中泊旅

グルメ
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、美味しい物を食べると心が朗らかになるアラサーフリーターmamuです。

前回同様2021年03月27日の振り返り思い出ブログをお送りする。

近江八幡観光のマップを手に入れた私たちは再び歩き出した。

こちらにもラ コリーナ同様”たねや”の文字。

和菓子屋たねやは本店を滋賀県近江八幡市に設けているので頻繁に目にするのだろう。

こちらの店舗はたねやグループのクラブハリエでは無く和菓子店たねやの風情があった。

赤い長椅子とか日本人も海外の人もワクワクするやつだ。

ここも参拝帰りのお客さんで大盛況。

この賑わいだけで観光気分がグンと上がる。

ここでぜんざいなんて食べたら最高の気分だろう。

私たちはこの時、甘い物を欲していなかったので立ち寄らなかった。

しかし、いつかまったりと優雅に和菓子とか食べてみたいと思っている。

たねやを通り過ぎると白雲橋が見えて来た。

ここに集まっている人のお目当ては、橋から望むお堀の光景である。

歴史を感じる建物が立ち並ぶ中で優雅に進む水郷巡りの船。

これは自身が乗っていなくても、見ているだけで風情を感じさせた。

かつて豊臣家が築城した八幡山城跡の堀だったこの場所は、今でもその面影を残しているのだ。

歴史的に名を残した織田信長も祭りに参加し、豊臣家もこの景色を知っていると考えると何とも不思議な気分になった。

こちらでも桜が咲いていて人々がその光景に魅了されていた。

純粋に綺麗。

親友ちゃんも楽しそうに眺めていた。

「橋の下行く?」「行くやろ!」と言う訳で橋の下に降りてみる。

こちらから橋を見上げるのもまた楽しかった。

写真の写り的に曇っている様な空色だけど、快晴とはいかないものの天気は良かったのに…。

何でだろう?残念…。

肉眼は本当に綺麗だった。

この川辺には通り抜け出来る良い感じの路地なんかもあった。

こういう所ってワクワクしてしまうのは私だけだろうか。

案外こういう感性は子供時代から大して変わらない様に思う。

楽しく観光しながら歩いていると発見したのは”近江八幡休暇村”の文字。

そして魅惑的な暖簾だった。

何を隠そう、私たちは大の肉好きである。

3食肉でも全然大丈夫、むしろ歓迎!という肉食系女子なのだ。

…いや、海鮮も大好きなのでとにかく食べる事が好きなのだなと解釈して頂きたい。

私と親友ちゃんはこの暖簾を前に何の打ち合わせも無く立ち止まった。

相談に交わした会話は実に簡潔。

「食べる?」「食べる。」

「牛串・メンチカツ・コロッケどれにする…?」

「全部。」と真顔で答える親友ちゃん。

私はコロッケ・メンチカツを半分こする事を提案し、この3品を購入する事にした。

お店の方は大変愛想の好い方で、ちょっとした談笑で笑顔になった。

牛串とコロッケが出来上がるまでに先にメンチカツを頂く。

先に食べた親友ちゃんは「肉感が凄い」と目を見開いた。

確かに肉感が凄くてジューシーなメンチカツだった。

肉好きには堪らない、美味しい!

サイズも結構大きくて、私たちは半分こで丁度良かった。

価格は確か350円くらい。

この時私はウスターソースがマスクに垂れてしみ、以降この旅中ずっとソース臭を嗅ぐ事になる。

書いている今、我ながらこの鈍くささにウンザリである。

近江牛の串・価格税別550円。

ロープウェーをケチっておいてどう