【滋賀県3】近江八幡の古き良き町並みを散策しながら今までの節約が嘘のように買い食いを始めるアラサー車中泊旅

グルメ
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、美味しい物を食べると心が朗らかになるアラサーフリーターmamuです。

前回同様2021年03月27日の振り返り思い出ブログをお送りする。

近江八幡観光のマップを手に入れた私たちは再び歩き出した。

こちらにもラ コリーナ同様”たねや”の文字。

和菓子屋たねやは本店を滋賀県近江八幡市に設けているので頻繁に目にするのだろう。

こちらの店舗はたねやグループのクラブハリエでは無く和菓子店たねやの風情があった。

赤い長椅子とか日本人も海外の人もワクワクするやつだ。

ここも参拝帰りのお客さんで大盛況。

この賑わいだけで観光気分がグンと上がる。

ここでぜんざいなんて食べたら最高の気分だろう。

私たちはこの時、甘い物を欲していなかったので立ち寄らなかった。

しかし、いつかまったりと優雅に和菓子とか食べてみたいと思っている。

たねやを通り過ぎると白雲橋が見えて来た。

ここに集まっている人のお目当ては、橋から望むお堀の光景である。

歴史を感じる建物が立ち並ぶ中で優雅に進む水郷巡りの船。

これは自身が乗っていなくても、見ているだけで風情を感じさせた。

かつて豊臣家が築城した八幡山城跡の堀だったこの場所は、今でもその面影を残しているのだ。

歴史的に名を残した織田信長も祭りに参加し、豊臣家もこの景色を知っていると考えると何とも不思議な気分になった。

こちらでも桜が咲いていて人々がその光景に魅了されていた。

純粋に綺麗。