【福井県】北前船主の館 右近家の洋館がジブリみたいに可愛くて本気で住みたくなった!

玄関ポーチ 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです!

2023年8月私とルームシェア相手の親友ちゃんは夏 の福井県へと車中泊旅に出ていた。

私が福井県を訪れたのはもう何度目だろう………多分10回は悠に越している。

その度に新たな魅力を見せてくれるのが福井県なのである。

今回ご紹介するのは 「北前船主の館 右近家』!

前々から存在は知っていたけれど足を運んだ事は無 かったというのが悔やまれるくらい良かったのだ!

スポンサーリンク

入館!

日本海を望む道沿いに北前船主の館右近家は建って いた。(写真背後が海です!)

北前船主の館右近家

早速お邪魔します!



右近家の館内は撮影厳禁なのだが、お邪魔して真っ 先に見える囲炉裏の部屋の柱は太く、天井も高くて 深い歴史を感じさせる建物だった。

ちなみに撮影禁止の理由は、この館が未だ右近家の 所有物だからである……凄い。

北前船主の館右近家 入館口

さて、私なりに右近家についてふんわり解説すると、その始まりは江戸から明治頃、船主自らが商品を仕入れて販売する買積み商いを足掛かりに栄華を築き、10代目には現在の損保ジャパン日本興亜の前進である海上保険会社を設立……。

つまり右近家とは、凄過ぎて笑えるくらいとんでも ない実業一家なのである。

友人の家に遊びに行って『ここが家なんだ』と言われたら度肝抜かれる事間違いなしの右近家元邸宅には、そんな栄華の歴史を垣間見る品々が展示されていた。

その歴史もさることながら個人的に印象に残ってい るのは、当時配られていたレトロ可愛いチラシと岐阜の高山陣屋で学んだ雅な釘隠しが施されていた事かもしれない。

そしてこれは余談だが、真夏8月の館内に冷房は無く私達は引くくらい汗だくであった。

なのでお庭が見える縁側で涼んでみたり、数力所設置されている扇風機の前で懸命に涼んだりした。

人様の家にお邪魔して何してんだって感じだが風呂上がりみたいになっていたので勘弁して欲しい。

さて、撮影禁止の資料館を抜けると見えるお庭は和風な邸宅から一変して、和洋が入り交ざっていてめっちゃ可愛い!

右近家裏庭

いや、本館も深い歴史を感じる木造住宅で重厚感が あり素敵なのだがびっくりするくらい雰囲気が変わる!

本館裏にある山の中腹には右近家の別荘があるのだが、そこへ続く階段から漂う素敵な小道感が私の趣 味にぶっ刺さった。

階段

そして石階段をのぼって見えるのがこの別荘!

玄関ポーチ

玄関ポーチから既にそこはかと漂うジブリ感……何あのオシャレな小窓……え、ジブリに出てくるお家みたい………!!

小窓

小高い山の中腹から日本海を一望出来るオーシャンビューに洋館ってだけで堪らないのに、石造りの塀からフェンスまで可愛いなんて強い。

右近家洋館 フェンス

お庭の塀越しに見える街の雰囲気も素敵……!

右近家洋館 庭

お邪魔します!

ワクワクしながら踏み入れた玄関はタイルからやはり可愛かったのだが、何より木枠が素敵な小窓がレトロで堪らなかった。

右近家洋館 玄関

この洋館が建てられたのは昭和9〜10年で築年数は90に近く、この小窓に使われている硝子も当時の製法なので歴史を伝えるように水平線が歪んで見える。