【大阪府箕面市】だるまだらけの勝尾寺に行った過去旅リポ後編

勝尾寺境内に沢山並んだだるま 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

大阪府箕面市にある勝ち運の御利益がある勝尾寺。

初めて訪れたその寺院は境内がだるまだらけの楽しい場所だった。

という事で、前回の前編に続いて勝尾寺を参拝した過去記録の後編!

勝ちだるまの奉納所を通り過ぎて、次に見えてきたのは鎮守堂(ちんじゅどう)。

規則正しい木枠の中に整列する、小さなだるまがかわいい…というか、ここまでくると圧巻である。

「恋人かな~、夫婦かも!」「友達同士でも並べるよな~」なんて会話を交わしながら、並べ置かれただるまの背景を想像するのも面白い。

この小さなだるまだらけの鎮守堂には祭神として、諏訪明神、八幡神、蔵王権現が祀られているそうだ。

中は公開されていないので確認は出来なかったけれど、私たちが訪れたこの時は他の参拝者とかぶる事なく、静かな雰囲気だった。

その昔からの歴史を感じさせる風貌と、身を寄せる鮮やかな色のだるまの姿に、何だかコントラストを感じて不思議な雰囲気がある場所だ。

ここは、写真好きさんが好みそうなスポットだろう。

私は全然下手くそだけど、きっと素敵な写真が撮れると思う。

この並びで建っているのは『三宝荒神堂』こちらには、厄払いの神様が祀られている。

私たちは特に厄年とかでは無かったので、普通に参拝。

次に足を止めたのは『大師堂』真言宗開祖・弘法大師像が安置されている。

大師堂の左手の通路に入ると、ずらりと並んだ石仏さまが。

弘法大師を祀っているので、四国八十八ヶ所の石仏が順に並んでいて、その前を通り過ぎる事で四国八十八ヶ所を御参りしたのと同等の功徳が与えられるらしい。

と言うのも、四国八十八ヶ所の霊場から持ち帰られた砂が敷き詰められているからだそう。

という事は、この大師堂を毎年訪れた場合、毎年四国八十八ヶ所を回った事になるのだろうか…何だか凄まじい。

他にも参考写真を載せられないのが非常に残念だが、健久6年(1195年)源頼朝の寄進で建立された薬師堂もあって、薬師堂は勝尾寺で最も古いのだとか。

まだ本堂に到着していないのに、ここまでだけでも来てよかったと思えるボリュームだ。

沢山写真を撮りながらも、楽しくお喋りしている内に遂に本堂到着!

鮮やかな朱色が綺