【夏の北海道5完結編】2019年07月祖母と行くベストシーズンの北国:小樽の歴史を知り、ヒルトンニセコビレッジに宿泊した過去旅

小樽運河の景色 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、5月5日こどもの日はゲームとびだせどうぶつの森内で新聞紙の兜を貰いましたアラサーフリーターのmamuです。

前回、白樺並木とえこりん村の世界1大きなトマトの木を見た私たちは、次いで小樽観光へとやって来ていた。

そしてこの時になると前回の雨模様から少しだけ青空が覗くようになっていた。

今は亡き祖父との思い出深い街だと語った祖母は、この北海道ツアーの中で何処よりもこの小樽を楽しみにしていた。

自然に上がったテンションで2人とも笑顔になる。

小樽の町並みは日本に居ながら、どこか異国情緒を感じさせるレトロなものだ。

一応ここからは、小樽という町の説明を交えながら先に進もう。

『北のウォール街』とも呼ばれる小樽は運河の街として今や観光都市のひとつとなった。

ウイスキーにお寿司・ガラス工芸と沢山の魅力がある街だ。

そんな小樽が何故北のウォール街と呼ばれるのかには、近代の日本の歴史が詰まっている。

この日小樽には大勢の観光客が行き交っていた。

運河の脇には露店が並び、ハンドメイドのアクセサリーや似顔絵が販売されていた。

その様子を楽しく眺めながら祖母と歩いたこの時間は、実に穏やかなものだった。

その対岸に立ち並ぶは、石造りの大きな倉庫。

これがまた小樽の見所でもあり美しい景観となっているのだが、この倉庫こそが小樽の歴史の象徴だろう。

戦前の小樽はニシン漁の最大の拠点でもあり、北海道中で採掘された石炭を積出す港でもあった。

そして、海外との国際貿易港として函館と争う程の繁栄を見せたのだ。

明治2年(1869年)当時、北海道の開拓使は函館に置かれ、北海道の南に偏っていた事を理由に北海道の中心である札幌に本庁を構える事に。

その時資材が荷上げされたのが小樽港。

その後明治4年(1871年)に立案された『開拓使10年計画』が決定したことで、後の内閣総理大臣・黒田清隆から潤沢な予算を受ける。

これをきっかけに工場設立・石炭輸送を目的とした鉄道を開発。

北海道で初めての鉄道が走ったのはこの小樽だったそうだ。

新幹線や電車があちこちに走っている現代からは考えられない急発展だっただろうと思う。

小樽の発展は続く、アメリカから有識者を招いて開発技術を発展させ、更に土地の改良が行われ一気に人口が増える。

更にビールやビート由来の製糖などの農業加工工場を構え、明治13年(1880年)には鉄道の目まぐるしい発展から様々な物が小樽港に集まり日本港内・海外へと輸出入される事となった。

当時肥料に使われていたニシンを大量に貯蔵する為に、小樽を代表する運河や倉庫群が発展。

日露戦争に日本が勝利してからは南樺太と日本の中継地点として莫大な経済効果を生む都市へと発展したのだ。

しかし、その後の第二次世界大戦での敗戦・ニシンの不漁・エネルギー革命による石炭の需要低迷により小樽の栄華は衰退…現在は悠然と街中を流れる運河とその規模を伝える倉庫が今に歴史を伝えている。

ここまで、簡単に小樽の街について歴史をお伝えしたけれどそれには理由があって、この時の自由散策時間に祖母と私は名物のお寿司を食べるでもなく、『小樽市総合博物館 銀河館』を訪れたのだ。

小樽の歴史に興味を抱く私の「博物館に行きたい」という提案を祖母は笑顔で快諾してくれた。

祖母も元々博物館とかが好きな傾向にあるのも大きいとは思うけど、本当に有難い。

歴史を知れば街歩きも数段面白くなるだろうと考えての事だったが、これは大正解だった。