【安全?美味しい?解凍時間まとめ】業務スーパーの馬刺しで晩酌最高…リピート買いしているアラサーの食レポ

赤身馬刺し グルメ
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、お酒大好きアラサーフリーターmamuです。

お酒好きの私はダイエットをしていながら、無性に飲みたい夜がある。

楽しい気分の時、やるせない夜、感慨に浸って黄昏たい気分の時とか。

とにかく酒好きは、何かに付けて酒のグラスを傾けていたい生き物だろう。

しかし、私には個人の目標として『ダイエット』を掲げている。

161センチ38キロと自分でも引くくらいガリガリだったのは今は昔、現在161センチ58キロの体重をかたくなに維持している。

最近では、あの頃の自分自身を幻か何かかと思い始めている。

かたくなに変わらない体重58キロ、維持せんでいい…と思っているのだがそれは一旦置いておき、私は1年ほど前まで70キロ代の体重を誇っていた。

そう考えるとダイエットの成果も出ているし、このまま頑張って行きたい次第なのだが…。

結構な量を飲みたい酒好きにとってダイエットと酒とがせめぎ合う日が結構多いのだ。

多分私のように「お酒は好きだし、今夜は晩酌したい!だけど…お酒を飲むとおつまみを食べてしまう…。」と我慢している人も多い筈。

そこで私は晩酌解禁日を週に2日と取り決めたのだが、ダイエットが軌道に乗ってくると楽しみにしていた晩酌解禁日の2日間すら罪悪感を感じ始めるというジレンマに陥ってしまった。

もちろん晩酌のおつまみには『冷奴』『するめいか』『きゅうりポン酢』なんてヘルシーなメニューが並ぶのだけど…。

私は沸々と思っていた。

「肉とかこってりした物でお酒が飲みたい!!!」

それも我慢だ…我慢…我慢……。

そんな私の晩酌風景がある日突然華やかになったのである。

肉と言っても普段鶏肉ばかり食べている私にとって、晩酌の日にも鶏肉を…という発想は皆無だった。

そんな私が辿り着いたのが『馬刺し』である。

馬刺しのカロリーは100グラム110カロリー…めっちゃヘルシーやん!!

調べてみると牛肉や豚肉の半分のカロリーだった。

しかも驚くべきは、たんぱく質の多さ。

保温効果を高めて新陳代謝を上げたり、骨や筋肉の細胞を作ってくれるし他にもカルシウム・ミネラル・ビタミン・グリコーゲンという豊富なラインナップがたっぷり。

こんなのむしろ食べた方が良いやん!!と私は思った。

「でも、お高いんでしょう?」と思ったあなた。

私がリピート買いしているのは『業務スーパーの馬肉』、コスパまで最強なのである。

スポンサーリンク

安心して食べて良し

私が晩酌のお供に選んでいるのは業務スーパーで販売している馬刺しの中でも『馬刺し赤身100グラムあたり428円』と『きざみ馬刺し50グラムあたり228円』だ。

業務スーパーでは上記の他に『馬刺しロース100グラムあたり518円』も含めた計3種類の馬刺しが冷凍で販売されている。

今回はmamuのダイエットの都合で2種類の紹介となるが、もうお気付きだろう。

とにかく安い!!

しかし、安かろう悪かろうなんて商品は誰だって購入したくない。

安いものには何か裏があるんじゃないか…?と思ってしまうのは仕方ないけれど考えてみて欲しい。

本来『業務スーパー』とは飲食店や食品提供を生業とする人々が利用するスーパーだ。

もちろん一般客もフランクに利用可能だが、本来は飲食関係の業務に携わっている方々に向けたスーパーなのだ。

外食先で知らず知らずの内に口にしているかもしれない食材が販売されているのだから、まず安全だと思って良いだろう。

気になる馬刺しの産地はカナダ。

「え、国産じゃないの…?」なんて不安も抱かなくて良い。

日本の馬刺しの最大産地が熊本ならば、日本の馬肉輸入国1位はカナダだからである。

平成28年の資料によると輸入率1位のカナダは3,020トン。

それに次ぐ

2位メキシコ 729トン

3位アルゼンチン 554トン

と比べても歴然の差がある。

つまり国産以外の日本で口にする馬肉はほとんどがカナダ産なのだ。

そして実情として、熊本産の馬は年間約200頭にも満たず、純国産の馬肉は年々減少傾向にある。

そこで生まれたのが『熊本馬刺し』。

熊本で生まれ育った純熊本産を『熊本県産馬刺し』とする一方で、カナダや北海道などの他の土地で生まれてその後に熊本の土地で4カ月以上育ったものを『熊本馬刺し』と表示しているのだ。

勿論その飼育の中で良い餌を与えて徹底した管理の