【ぼくのなつやすみ2】昭和50年8月の夏を堪能するアラサーの不定期記録・8月1日ぼくたちの夏はここにある

食堂から見える夕陽 ゲーム
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、自粛生活の中で自然不足をゲームで補うアラサーフリーターのmamuです。

外に出たい、緑を眺めて癒されたいし海風に吹かれたい…これは最近の私が抱える強い願望だ。

しかしコンクリートジャングルで暮らす私に身近な自然と言えば公園くらいのもので、この公園というのも遊具が設置された自然と触れ合うという趣旨には合わないものだ。

それこそ花が咲き誇るような公園は徒歩圏内には無い。

そこでどうにかこの渇望を満たそうと引っ張り出したのがPS2『ぼくのなつやすみ2海の冒険篇』だ。

このぼくのなつやすみシリーズは主に大人から根強い人気を誇るゲームで、発売から21年の時を経た現在も続編を待つファンの声が後を絶たない。

私がそんな素晴らしい作品と出会ったのは小学生の頃だった。

すぐに夢中になり何十回と数え切れない程プレイして、それを同じように楽しみながら家族が眺めていた。

このゲームを知る人なら、上記の動機からプレイに至る心境を理解してくれるだろう。

『ぼくのなつやすみ』とは、私たちプレイヤーが小学生の男の子『ボクくん』となってひと夏の思い出を疑似体験するゲームなのである。

私が今回プレイする『ぼくのなつやすみ2海の冒険篇』の舞台は伊豆半島に浮かぶ島・富海(ふみ)。

その島の名の通り、美しい海と豊かな自然が広がる田舎町。

もうここでお分かりだろうが、私は主人公であるボクくんと共に富海の自然の中を駆け回ろうと思ったのだ。

そして時代背景は昭和50年の8月、現在アラサーである私はまだ生まれていない。

だけど何故だろう、このゲームに広がる光景はどうしようもなく懐かしくて仕方がない。

そして大人になればなるほど、どうしようもなく眩しくて切ないのだ。

と言う訳で、幼い頃に無我夢中になった富海でのあの夏に私はもう一度帰る事にしたのである。

まず、このホーム画面自体が私にはびっくりするくらいに懐かしかった。(笑)

ワクワクと胸弾むBGMはまさに冒険前の少年のようだ。

主人公のボクくんは都会っ子の9歳。

今回は『こうた』という名前を付けたけど、ぶっちゃけ皆に「ボクくん」と呼ばれるので名前を呼ばれる事は無い。

しかしこの絵日記は、夏休みが終了するまで続く大切な物だ。

この絵日記はボクくんの行動で内容が変わる、思い出の記録だ。

つまりボクくんと共に夏休みを過ごす私の思い出の記録なのである。

冒頭にする事はこれくらいで、いよいよボクくんの夏休みが始まる。

そこは途端に昭和50年の8月になるのだ。

オープニング映像ではテーマソング『少年時代』が沢田知可子さんによってしっとりとカバーされ、どこか懐かしい光景が映る。

この時点で何度もプレイしている私はノスタルジックな気分にのまれた。

私も幼い日に太陽に手を透かして見たものだと、ふと思ったり。

このゲームが何故大人から支持されるのか、それはひとえに返らない思い出の尊さを知っているからだろう。

画面上でただ無邪気に駆け回るボクくんと、遠い昔の自分を重ねて見ているのかもしれない。

眩しくて楽しい夏休みである反面”ひと夏”という限られた期間が設けられているからこそ、胸を打つ切なさを漂わせるのだろう。

キャラクターデザインは『キレイキレイ』でお馴染みの上田三根子さん。

このほっこりとした愛嬌のある登場人物たちが富海でボクくんを待っている。

さて、この『ぼくのなつやすみ2海の冒険篇』の主人公は、母親が臨月のため富海で民宿を営むおじ家族の所に夏休みの間預けられる事になった。

小さな渡し船に揺られて少し不安げなボクくん。

都会で生まれ育ち、9歳になるまでひとりっ子だったボクくんが、子供にしてみれば無限に感じられる夏休みの間中家族と離れて過ごすのだ。

黄色くて大きな鞄を傍らにうつむき加減のボクくんからは、心細さを感じる。

そんなボクくんに話しかけてくれたのは、同じく船に乗り合わせていたお姉ちゃん。

靖子(やすこ)姉ちゃんは高校1年生、高校進学を期に富海を出て東京で一人暮らしをしている。

夏休みを利用して故郷に帰って来たのだと話してくれた。

高校生で地元を離れて東京へ…大人びているけれど、今の私からしてみると十分靖子姉ちゃんも幼く思う。

ボクくんから見れば靖子姉ちゃんは大人に見えるんだろうな…。

この靖子姉ちゃんと話した事で表情が和らいだボクくん。

船は遂に富海に到着した。

ここから私とボクくんの夏休みが本格始動する。

スポンサーリンク

8月1日 到着したのは夕焼けの富海でした

港に到着すると、おじ家族がお出迎えしてくれた。

靖子姉ちゃんには妹がお出迎えに来ていた。

日に焼けた豪快な雰囲気のおじちゃんは、2人の息子を紹介しながら「もう何年も会ってねぇから覚えてないだろ」と。

子供の何年は記憶に残っていなかったりする。

初対面ではないけれど、初対面も同然だろう。

緊張するボクくんに優しく声を掛けてくれるおばちゃん、2人の息子を育てるお母さん感が伝わるハキハキした元気な声色だ。

そんな港での再会を記念した写真。

まだぎこちないボクくんだけど、富海での生活の中で良い刺激を沢山受けて元気に育つんだよ…なんて思ってしまった。