【ぼくのなつやすみ2】昭和50年8月の夏を堪能するアラサーの不定期記録・8月1日ぼくたちの夏はここにある

食堂から見える夕陽 ゲーム
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、自粛生活の中で自然不足をゲームで補うアラサーフリーターのmamuです。

外に出たい、緑を眺めて癒されたいし海風に吹かれたい…これは最近の私が抱える強い願望だ。

しかしコンクリートジャングルで暮らす私に身近な自然と言えば公園くらいのもので、この公園というのも遊具が設置された自然と触れ合うという趣旨には合わないものだ。

それこそ花が咲き誇るような公園は徒歩圏内には無い。

そこでどうにかこの渇望を満たそうと引っ張り出したのがPS2『ぼくのなつやすみ2海の冒険篇』だ。

このぼくのなつやすみシリーズは主に大人から根強い人気を誇るゲームで、発売から21年の時を経た現在も続編を待つファンの声が後を絶たない。

私がそんな素晴らしい作品と出会ったのは小学生の頃だった。

すぐに夢中になり何十回と数え切れない程プレイして、それを同じように楽しみながら家族が眺めていた。

このゲームを知る人なら、上記の動機からプレイに至る心境を理解してくれるだろう。

『ぼくのなつやすみ』とは、私たちプレイヤーが小学生の男の子『ボクくん』となってひと夏の思い出を疑似体験するゲームなのである。

私が今回プレイする『ぼくのなつやすみ2海の冒険篇』の舞台は伊豆半島に浮かぶ島・富海(ふみ)。

その島の名の通り、美しい海と豊かな自然が広がる田舎町。

もうここでお分かりだろうが、私は主人公であるボクくんと共に富海の自然の中を駆け回ろうと思ったのだ。

そして時代背景は昭和50年の8月、現在アラサーである私はまだ生まれていない。

だけど何故だろう、このゲームに広がる光景はどうしようもなく懐かしくて仕方がない。

そして大人になればなるほど、どうしようもなく眩しくて切ないのだ。

と言う訳で、幼い頃に無我夢中になった富海でのあの夏に私はもう一度帰る事にしたのである。

まず、このホーム画面自体が私にはびっくりするくらいに懐かしかった。(笑)

ワクワクと胸弾むBGMはまさに冒険前の少年のようだ。

主人公のボクくんは都会っ子の9歳。

今回は『こうた』という名前を付けたけど、ぶっちゃけ皆に「ボクくん」と呼ばれるので名前を呼ばれる事は無い。

しかしこの絵日記は、夏休みが終了するまで続く大切な物だ。

この絵日記はボクくんの行動で内容が変わる、思い出の記録だ。

つまりボクくんと共に夏休みを過ごす私の思い出の記録なのである。

冒頭にする事はこれくらいで、いよいよボクくんの夏休みが始まる。

そこは途端に昭和50年の8月になるのだ。

オープニング映像ではテーマソング『少年時代』が沢田知可子さんによってしっとりとカバーされ、どこか懐