【夏の北海道3】2019年07月祖母と行くベストシーズンの北国:美瑛の神秘青い池とラベンダー畑が美しい富田ファーム・過去旅行

白金青い池 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、雨続きで癖毛が爆発しているアラサーフリーターmamuです。

今回は富良野・美瑛観光後編である。

前回緑の景色を反射する鳥沼公園と自然のパッチワーク四季彩の丘を堪能した私と祖母は、バスに揺られて青い池を目指していた。

楽しいが故に早く過ぎる時間をちょっぴり寂しく思いながらも、私の気持ちは次の目的地へと向いていた。

昨今では『白金青い池』なんて名前が付けられ、すっかり観光名所となっているこの場所。

私と祖母が訪れた2019年7月時点では、SNSを中心に注目を集めて徐々にテレビ紹介がされ始めた頃。

つまり、やっと駐車場が作られて日も浅い、観光地になりたてほやほやの時期だった。

それが証拠に数台観光バスが駐車していたものの、1カ月前から作り始めた真新しくだだっ広い駐車場はまだ拡張工事中であった。

この日の観光で祖母と私が1番楽しみにしていた場所だ。

バスを降り立ってから、快晴の空を仰ぎ見て思わず笑ってしまう。

「これだけ晴れてたら、絶対綺麗やんな!」と、まだ見てもいないのに浮かれた程だ。

白金青い池へ行くまでの歩道は整備されていたけど、池の周りは白樺が囲む小道になっていて足場が悪い。

木の根っ子とかが凸凹しているし、所々柵が無いので池に落ちないように注意が必要だ。

ところで何故、無名の人造池だったこの場所が”白金青い池”と呼ばれ始めたのか。

まず、この池の誕生から遡る。

1988年の十勝岳噴火の際に火山泥流が美瑛川に流れ込むのを防ぐ為、美瑛川に設置されたブロック堰堤(えんてい)に偶然にも川の水が溜まって出来たそう。

そして、美瑛川の上流にある白金温泉のアルミニウムが川の水と混ざる事で出来たのがこの青い池であった。

全ては偶然、ブロック堰堤という文明の物が自然に混ざる事で出来た神秘的な絶景。

足元に気を付けながらも、白樺の隙間から覗いた池の姿に私は感動を覚えた。

白樺並木の隙間から見えるターコイズブルー。

これが本当に偶然生まれたのだとしたら奇跡だと思った。

自然だけでは形にはならなかった、そこに人の手が少し加わったからこそ…。

吸い込まれそうな青い池を前に、観光客は静かだった。

静寂を思わせる神秘的な色と威風堂々と太陽を浴びる池の存在に圧倒されてしまったのだ。

そういう物を前にすると人は小声になるらしい。

この池の水は本来無色透明なのだが、上に記載した白金温泉の成分が美瑛川に混ざった事で粒子が分散した結果だそうだ。

粒子が分散、つまりコロイド状になる事で粒子が太陽光を反射して、短い波長で錯乱されやすい青い光が目に届いているのだ。

と、理屈を説明されても池の水が無色だなんて到底思えなかった。

色覚は人それぞれ、『青』と言っても個人個人で見ている『青』は違っているのだろう、と常々考えているけれど。

こういう自然の色味程「他の人にはどんな色に見えているのだろう」と想像する事は無い。

白金青い池は、両親や親友ちゃんにも見せたいと思う景色のひとつとなった。

この白金青い池は季節・時間・天気によって見え方が全く違う。

午前中は淡い緑がかったブルーで午後の方が青みが強く、また季節が違うとこの青色も薄く変化したりする。

どういった雰囲気が好みかで訪れる時期・時間帯は変わってくるだろう。

建てられたばかり公衆トイレの前で地元の方らしい良いカメラを持ったおじさん達の話を聞いていた所、この日は『最