【兵庫県神戸】浴室から明石海峡大橋の絶景を望むデラックスツインを母としこたま堪能した思い出話

グルメ
スポンサーリンク

皆様こんにちは、ブログを書いてる時は大体空腹…mamuです。

今回はめっちゃ遡って2017年09月、今ではすっかりアラサーの私がまだまだ20代前半だった頃のお話。

母と2人で贅沢まったり旅をしようと神戸の海辺、明石海峡大橋が見えるホテルを堪能した日の思い出をかいてゆこうと思う。

私たち家族は基本の旅行を車移動してきたが、今回は両者免許無しという事で電車旅。

車窓に流れる海の景色、そもそも電車旅をあまりしてこなかったのでとても新鮮だった。

海辺を走る電車って素敵!と2人でテンションが上がった事を覚えている。

目的駅「舞子」に到着する頃にはすっかり旅気分で胸が弾んだ。

この時の旅の趣旨として、観光はしない事になっていた。

と言うのも、庶民的な私たちにしては豪華な部屋を予約していたからである。

目玉は何と言っても部屋の浴室から見える明石海峡大橋を望む景色!

「もう部屋に引きこもっちゃおうZE!!」と固く決めていた。

むしろ引きこもるべきだ、とすら思う。

部屋で楽しむ為におつまみとアルコール類を買い込んで、いざ舞子ビラ!

シーサイドホテル舞子ビラは小高い丘の上にあり、通常より見晴らしの良い景色を楽しめる。

その為、エントランスに行くにもホテルへ伸びるエレベーターを使用する。

全然関係ないが、この時このエレベーター内にタレント・コロッケのクリスマスディナーショーのポスターが貼ってあったのを未だにふと思い出してしまう。

多分「コロッケこんな所でパーティーしてんねんな、知らんかった。」とか言いながら、母とめっちゃ笑ったから印象に残っているのだろう。

そんなこんなでホテルへ到着。

この時撮影した写真を振り返ると、写真内の母と私は弾む胸とは裏腹にちょっと疲れた顔をしていて笑ってしまう。

多分慣れない長距離電車移動に若干疲れていた。

私たち親子は女性平均以下の体力しかない。

もしくは、私たち親子に共通する写真映りの悪さかだ…。

記憶的にかなりはしゃいでいたのに、どちらにせよ奇妙な事である。

とりあえずエントランスへ。

おぉ…ザ・ホテル!

宿泊施設だけでも旅に来た感はかなり味わえるものなのだな、とこの時思った。

数々旅行して来たけれど、観光無しでただ部屋を堪能する旅はこの時が初めてだったのだが全然有り。

むしろめちゃくちゃ贅沢な気分で、観光とは違った楽しさに溢れていた。

私たちの部屋は9階のデラックスツイン。

デラックス!!この特別な響きに浮足立つ私たち。

部屋から見えたのは快晴のオーシャンビューだった。

想像以上に明石海峡大橋が近い!!

私たちは歓声を上げて顔を見合わせた。

女性はいくつになっても乙女である。

私と母はきっと同じ顔で笑っていただろう。

9階と言ってもホテル自体が丘の上にあるので、思いの外見晴らしが良かった。

メインのお風呂がチラ見えするワクワクの瞬間。

もう既に素敵な予感しかしない。