水曜どうでしょうってどんな番組?私が感じる番組の魅力

水曜どうでしょうのテロップ 日常
スポンサーリンク

水曜どうでしょうファンの人も、そうでない人もこんにちはアラサーフリーターmamuです。

皆さんは『水曜どうでしょう』という番組をご存じだろうか。

今や有名俳優である大泉洋が出演している、という事は知っていても内容までは知らないという人もいるだろう。

水曜どうでしょうとは北海道テレビ(HTB)制作のバラエティー深夜番組だったのだが、今や全国区にファンが存在する。

と言うのも、この番組の制作スタイルが各地テレビ局へクチコミで広がり、ローカルから全国区へとその名を轟かせたのだ。

その後、水曜どうでしょうを真似た同様のスタイルの番組が他の地方局で制作される等、テレビ業界に革命を起こしたりもしているのだが…。

ここだけを切り取って「どんなに凄い番組なんだ!?」と意気込んで見ると、ひっくり返ってしまうだろう。

この番組はびっくりするくらい雰囲気が緩いのだ。

番組のモットーは『低予算』『低姿勢』『低カロリー』と随分消極的。

しかしながらこれが癖になる!

その魅力を私なりにご紹介するので、ゆるっとお目通し頂ければ幸い。

どうでしょうファンの人にも共感頂けるとめっちゃ嬉しい。

スポンサーリンク

出演タレントの持ち味

この水曜どうでしょうという番組の持ち味は、何と言っても個性豊かな出演者だろう。

その掛け合い、雰囲気にはシュールさが満載。

私は水曜どうでしょうを『最高の内輪ネタ』だと思っている。

クラスで面白い生徒同士が話しているのを立ち聞きしているような、そんなクスクスと笑ってしまうような場面で溢れているのだ。

先ずは、ご存じ大泉洋

番組が始まった1996年当時の大泉洋は23歳の大学生。

勢いもあれば、若さもあって今ドラマや映画で活躍する姿とは、全く違っている。

白目を剥いて爆睡する寝顔とか、天然パーマが爆発して浮腫んだ顔の寝起きとかそんな自然体が映し出され、そんなありのままの大泉洋が番組制作陣の大人たちに振り回されては、画面内で度々「訴えてやる!」とぼやいているのだ。

振り回される事例として、『そもそも番組の企画を知らされていない』というのがある。

明日から旅に出ると知らされていても、目的地が一体何処なのか大泉さんは知らない。

明日から旅に出るという事も知らずにドッキリで連行されることも多々ある。

時にはアメリカ横断へ、時にはアラスカへオーロラを見に…目的も場所も知らされず連行されるのである。

また、ロケ先で度々体調を崩し、その度にディレクター陣を相手取って訴えるとぼやいている。

そして、その先で見せる大泉さんのぼやきはまさに魂の叫び。

行く先々で打ちのめされては大泉さんの口から飛び出すフレーズが絶妙に面白いのだ。

次の出演者は鈴井貴之、番組内では『ミスター』と呼ばれる人物である。

北海道を中心に活躍するタレント・放送作家であり、同番組の企画・出演者。

そして、大泉洋が所属するタレント事務所CREATIVE OFFICE CUEの創設者であり、番組スタート時は社長だった。

事務所の社長である鈴井貴之と所属タレントである大泉洋が一緒に出演しているというだけでも異色だが、鈴井貴之によって発案される企画が過酷なのも番組の味を引き立てる。

番組の方向性が見出された企画はやはり『サイコロの旅』だろうか。

ルールは簡単、現在地から利用できる交通機関をボードに書き出して、サイコロを振り出た目に従って移動。最終目的地の札幌に決められた時間内でゴールするというものだ。

その企画の中では、東京から博多までを繋ぐ深夜バスで14時間移動する…なんて事がザラに起きるのだが、これを全てサイコロの目で決定するので2連続乗車という事も起こる。

考えて見て欲しい、ゴールに程遠い場所を無意味に十何時間も深夜バスで移動する過酷さを…。

地味だけど絶対にしたくない!水曜どうでしょうはそんな企画で溢れている。

そんな企画を自ら企画・実行する鈴井貴之はまさしく『ミスターどうでしょう』という事で、ミスターという愛称で呼ばれる事になったのだが、これには「番組旅中の不運も鈴井さんのせいだ!」みたいな皮肉も含まれていたりする。

例えば、先程例に挙げたサイコロ企画にて、四国から一歩も出られない数字を出し続ける人は鈴井さんだし、アメリカ横断では時間に追われているにも関わらず移動用車の鍵を閉じ込め(インキー)その上、宿泊していた部屋の鍵まで閉じ込める(ダブルインキー)をやってしまうのがこの人だ。

また、甘い物が大の苦手なのに甘い物好きと勝手にキャラ付けされて、甘い物をしこたま食べさせられたりする。

誰よりも企画にストイックで、誰よりも打ちのめされている鈴井さんを見ていると、もうミスターと呼ばざるを得ないだろう。

ディレクターも出演者

次の出演者は藤村忠寿、通称『魔神』この人一応この番組のチーフディレクターであり同番組の企画の中枢を担っている。

出演者じゃないじゃん!とお思いかもしれないが、藤村Dは出演者と言って差し支え無いくらいの存在感があるのだ。

とは言え、基本的に藤村Dの姿が画面上に積極的に映し出される事はない。

しかし、めっちゃ喋るし、よく見切れる。(笑)

何なら先程紹介したミスターどうでしょう鈴井貴之より喋る。

例によって過酷なロケにぼやく大泉と流暢に罵り合いを展開するのがお決まりの流れ、この場面がそのまま放送されるのだから凄い。

タレントとディレクターの本気口喧嘩や掛け合いが、どうしてこうも面白いのだろう。

バラエティー番組に出演する大泉洋の姿から口達者な印象を受けるだろうが、屁理屈をこねて罵り合う事に関しては藤村Dも負けてはいない。

過酷なロケの中で口喧嘩する様はまさにドキュメンタリー、しかしそれらが可笑しくて仕方がないバラエティーへ昇格するのだから見ていて痛快なのだ。

また、甘い物に目が無く、朝から羊羹を1本丸飲みにしたりと常軌を逸する様から魔神と呼ばれるようになった。

大泉さんのぼやきという最大の武器を引き出せる藤村Dは、水曜どうでしょうにとって本当に欠かせない出演者なのだ。

次に紹介するのは嬉野雅道、通称『うれしー』。

水曜どうでしょうの撮影担当ディレクターである。

個性豊かなどうでしょうメンバーの中で最年長。

あまりにも番組予算が少なくてまともなクルーが使えなかったので、学生時代に自主映画を撮っていた経験者の自らがカメラマンを買って出た人物だ。

カメラ撮影が担当である為に、番組内では口数が少ないものの、端々にその存在感を感じさせる。

そんな嬉野Dは風景が大好き。

番組の撮影中でも、大好きな風景を撮影しまくり肝心の場面を撮影していなかったり、わざわざクルーズ船で氷山が崩れる大迫力の光景を見に行ったにも関わらず、氷山を撮影せず山ばかり撮っていたりする。

そして、基本的に撮影班が嬉野Dひとりしかいないので、視聴者は一体何を見せられているのか不思議な時間が流れるのだ。

嬉野Dが撮影する風景の背後で軽快な会話が弾んでいたり、「今の(氷河)撮った?うれしー」なんて言われても撮っていないのが嬉野Dである。

原付ベトナム横断企画ではミスターの原付の後ろに乗って、果敢に撮影をこなす姿が見られたけど、やはり後方を走る大泉さんでは無く風景を主軸に撮影をしていた。

このベトナムでのミスターとの2人乗りはチーム40と呼ばれ(2人共に40代だった)、峠を攻めるアグレッシブな走りでメンバー1の若手である大泉さんをも驚愕させたり…無口なのにキャラが濃い。

そして、口数が少ない故に嬉野Dから不意に出た言葉が、番組の名言として残ったりする