【前編】神戸市立王子動物園をエンジョイするアラサー

日本旅
スポンサーリンク

コロナ自粛でずっと行けなかった動物園。

ソーシャルディスタンスを遵守しながら堪能して来た記録を残す。

皆さんこんにちは、動物大好きmamuです。

今回は神戸市立王子動物園へ行って来た。

楽しみにし過ぎて前日一睡もできなかった私だが、車内から既に大興奮。

アラサーになっても、その辺の精神年齢ってあまり変わらない気がする。

徹夜明けの妙なテンションも相まってニヤニヤが止まらない。

運転席の親友ちゃんはそんな私に慣れきっているので、引いたりせず実ににこやかに対応してくれた。

本当にできた人だと心底思う。

大阪市内から車を走らせて約1時間、標準装備マスクと携帯消毒液を持参していざ!

……あれ?めっちゃ混んでる…?

動物園駐車場入り口は想像以上に混んでいた。

正直、ガラガラくらいに思っていたのでここに来て唐突に不安になる私。

「他府県ナンバー嫌がられるかも…どうしよう。」

しかし案外冷静な親友ちゃん。

他府県ナンバーを血眼で探す私をよそに淡々と車は進んだ。

駐車場は満員御礼で、地味に遠い第二駐車場に案内された。

その道中で他府県ナンバーを多数発見できたのは私の精神衛生上良かったと思う。

第二駐車場から入園口までの道のりは大体3分くらい。

何気なく看板を見て私は興奮した。

「旧ハンター住宅って何!?」

私は所謂アニメオタクと呼ばれる趣味を持っているので「ハンター」という単語からHUNTER×HUNTERを連想していた。

旧ハンター住宅…内部公開は04.05.10月との事だが俄然楽しみが膨らんだ。

チケットを購入していざ入園!

大人600円とお財布にも優しい。

ちなみに中学生以下は無料である。

入ってすぐにフラミンゴがお出迎えしてくれた。

動物園の入り口付近といえばフラミンゴのイメージがあるのは私だけだろうか。

なぜ動物園で始めに出会うのがフラミンゴなのだろう。

何か理由があるのかな?なんて考えながらも、マップ片手にルート会議。

一先ず右手にある猛獣ゾーンへ向かう事にした。

入り口中央のこちらはフラミンゴのオブジェ、お花はパンダを型取っていてかわいい。

動物園に来たんだなぁーと胸弾ませる王道の雰囲気を感じる。

フラミンゴオブジェの足元には金魚が優雅に泳いでいた。

さらりと流し見してしまうと気付かなかったかも。

さて、猛獣コーナーに向けて歩みを進める私たち。

その道すがらコインロッカーが配備されていた。