【後編】時間が足りない!国立民族学博物館めっちゃいい!

陽気なお墓 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

今回は、万博記念公園内にある国立民族学博物館に行った感想の後編だ。

前回同様全ての展示を紹介すると実際に立ち寄りたい人の楽しみを奪ってしまうので、そんな野暮はしない。

一応、国立民族学博物館の前編はコチラ

博物館を一緒にエンジョイしたのはルームシェア相手の親友ちゃん。

私たちはA-3ヨーロッパエリアまで進んだ辺りで衝撃的な館内アナウンスを耳にした。

『当館はあと30分で閉館いたします』

…!?

民族学に興味津々の私たちはゆっくりじっくりと世界観に没頭し、見応え満載の館内を嬉々と回っていた。

そしてそれ以前に万博記念公園もたっぷり散策していた結果、館内で1時間30分程経過した所で閉館が迫ってしまったのだ。

この博物館内には大きくABCと3つのブロックがあり、私たちが観覧していたのは未だ最初のAブロック。

更にAブロックは5つのエリアに細分化されていて、その内たったの3エリア目に差し掛かった所だった。

私たちは悟った、もうどう頑張っても見切れない…。

不覚だった、この博物館を本当に楽しむにはめっちゃ時間が必要なのだと体感した瞬間である。

多分真剣に回るには4・5時間くらい欲しい。

…とは言え、どうする事も出来ないので、残りの時間中見られる範囲をじっくり堪能しようと腹を括った。

さて、最初に私が興味を惹かれたのはヨーロッパ各地のパン展示!

食品サンプルとかが大好きな私の趣味趣向に刺さった。

そして私たちは食いしん坊でもあるので、即座に始まるもしも話は「どのパンが食べたい?」だった。

あなたはどのパンが食べてみたいだろうか?ちなみに私は全部だ。

この他1977年代のドイツのカレンダーや、家庭用キリスト祭壇とかヨーロッパ色の強い物が所狭しと並んでいて楽しい。

本当に展示品が多いので目移りして困るくらいだ。

そんな中で私が個人的に素敵だと思った次の展示物は『イースターエッグ』だった。

カラフルなたまご…可愛い!国別で雰囲気が違っているのも興味深い。

最近でこそイースターという言葉を耳にするようになったが、日本にイースターと呼ばれる文化は存在していない。

イースター(復活祭)とは春分後、最初の満月の次の日曜日に行われるお祭りで、キリスト教の祝日でもあり、春のお祭りでもあるそうだ。

農作業の始まりも意味していたりして、イースターの日は装飾したたまごを交換したり食べたりするのだそう。

何故たまごなのかと言うと、春の季節は生命の誕生を象徴するという所から来ていると書かれていた。

私もこんな可愛いたまごを交換してみたい気もするが、イースターが日本に根付いたなら名をそのまま使った別の催しになっている気もしないでもない。(笑)

これは私が個人的に何となく思っただけで、深い意図は全くないので悪しからず。

まぁ、イースターじゃなくとも日本各地には豊作を祈るお祭りが存在している訳だし、国其々に特色があって面白いなと思う。

次に目を奪われたのは『ルーマニアの陽気なお墓』!

めっちゃお洒落…私もこんなお墓に入りたい。