【岐阜県3】情緒ある水の町,郡上八幡を堪能した車中泊旅

宗祇水 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

自粛が明けた瞬間を狙って、念願だった岐阜県へ車中泊旅に出た私と親友ちゃん。

前回、郡上八幡のいがわ小径をガッツリ観光した私たちは漸く町歩きへと出発した。

一応前回の様子はコチラ

記念館で頂いた地図を片手にのどかな町並みを行く。

郡上八幡の町並みは、観光地らしさもありながら素朴でどこか懐かしさを覚える田舎の風景を残していた。

有名で人気の多いお土産屋さんが所狭しと並んでいるという風じゃなく、地元の方が平穏に生活している雰囲気がそこかしこから漂っていたのだ。

私たちは、そんな静かな町並みの中を実に嬉々と歩いた。

遠くに見える山と空、町並みに私の胸はワクワク弾む。

駐車場には、私たち以外の他府県ナンバーの車が何台も停まっていたけれど町中ですれ違うといっても些細なものだ。

そして、流石は『水が生まれる町』なんて言われる郡上八幡、道路横の側溝には蓋がされていたけれど耳にはずっと水音が届いて心地良かった。

とにかく雰囲気が良すぎる。

いがわ小径に続いて目指していた『やなか水の小径』は、徒歩で5分程度の場所にあって住宅街の中に突如として現れる景観に驚いた。

角を曲がるだけで、清涼感あるお洒落な小径が現れたのだ。

かわいい模様を描く石造りの小径!

ここにあるのは水船では無かったけれど、それでも涼やかに流れている水はやはり綺麗だった。

江戸時代に防火と生活用水の目的で整備された水路だと観光パンフレットに書かれていた。

きっと江戸時代の姿のままでは無いのだろうけど、水路を引いたのは先人の方たちなのだから凄い事だ。

本当にちょっとした小径なので、数分とかからずに立ち寄る事が出来た。

そして、小径の先には再び情緒的な町並みが続いている。

私たちからしてみれば、キャッキャとはしゃぐこの道も地