【岐阜県2】郡上八幡の路地裏みたいな水の小径が素敵だった車中泊旅

いがわ小径 鯉と用水路 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターmamuです。

念願の岐阜県へ車中泊旅へ出た私たちは、めっちゃ美しい通称『モネの池』を観光して更にワクワクしながら次の目的地である郡上八幡を目指した。

前回のモネの池はコチラ

車内での会話はもっぱら先程見たばかりの池の話題!

きっと日本中にはまだまだこういう風に隠れている素敵な所があるんだろうな~とか話した事を覚えている。

モネの池から下道で30分くらい、車は郡上八幡旧庁舎記念館の駐車場に停めた。

・時間 8:00~22:00
・記念館の向かいに13台
・記念館を通り過ぎた裏側に19台駐車可能
・料金30分以内無料 以降30分毎150円

ふふふ…少しでもコスト削減の為に事前に調査済み!

観光前にマップをGETしに観光案内所になっている旧庁舎記念館にお邪魔したのだが、レトロで可愛い建物でそれだけでワクワクした。

記念館の前の看板には旧八幡町役場の説明書きもあって、じっくり黙読。

と言う訳で、ふんわりご説明すると明治22年(1889)町の合併と共に誕生した八幡町、町庁舎は明治38年(1905)に開設したのだが、大火事で焼失…。

その後、移設という形で現在のこの場所に移されて、屋根構造には当時では新しい洋風技術を用いた木造二階建ての近代洋風建築を設けたそうだ。

やっぱり私は明治時代とかの洋風木造家屋が大好きみたいで、その外観のレトロ感を暫し眺めた。

中にはちょっとしたお土産屋さんもあって、郡上八幡でお手洗いを済ませるならこの記念館裏にしか無いので注意です。

ちなみにモネの池は最近駐車場も整備された風だったので、当然お手洗いは無かった。

そして私がリサーチ時からずっと気になっていた水船は、記念館の前に設置されていた。

『水船』とは、水の町で暮らす人々が水と共に生きる上で生み出した生活の知恵で、水が流れている上段で食べ物を冷やし、下段で汚れた物などを洗うのだそうだ。

そこで出た米粒等の食べかすは川に流れて魚のエサになる…自然に水が浄化されるシステムである。

その殆どは、一般のご家庭にあるそうだけれど観光用にも町中でチラホラ見受ける事が出来た。

観光日和の快晴で、大阪よりは随分涼しいとは言え日差しが強いので手を浸して涼んだ。

さて、まだ記念館から動いていないのに早くも歓喜している私たちは、そろそろ本格的に観光をと記念館の真横に掛かっている新橋へ向かった。

郡上八幡の新橋…知っている人は知っている絶叫スポットである。

橋の脇やそこかしこに注意喚起の看板多数。

『この橋からの飛び込みで重大な事故が発生しています。不慣れな方等のむやみな飛び込みは厳に自粛されるよう警告します。』

他にも『ここは橋の欄干から水面まで12mもあります。不慣れな人がむやみに飛び込み、身体に危険が及ぶ事故等も発生しております。充分ご注意ください。』なんて注意書きが沢山あった。

そう、新橋とは郡上八幡の地元の子供たちや若者が飛び込んで度胸試しをする場所なのである。

気になる人は、YouTubeで『新橋 飛び込み』と検索すればその様子を見る事が出来るだろう。

そんな飛び込みスポットがこちら!

写真では巧く高さが伝わらない…ッ!!

だけど一応これが水面まで高さ