映画:ありのままの君が好き『ブリジット・ジョーンズの日記』等身大の女性が元気をくれる作品・あらすじと感想、私との共通点まとめ

ブリジットジョーンズの日記のDVD 日常
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

お家時間が増えた昨今、そんな時間を楽しく彩る映画を今回はご紹介したい。

今から約20年前の2001年に公開されたロマンティック・コメディー作品『ブリジット・ジョーンズの日記』。

その簡単なあらすじ・私との共通点・作品の魅力などをまとめてみた。

イギリスのジェーン・オースティン作『高慢と偏見』という恋愛小説をベースに1996年にフィールディングが発表した同名小説が原作となっている。

主演は『ジュディ 虹の彼方に』や『シカゴ』で知られるレネー・ゼルウィガー。

彼女が演じる主人公ブリジット・ジョーンズは20年経った今でも変わらない、ありのままの独身女性の姿を等身大で映し出す。

イケメンでプレイボーイなブリジットの上司ダニエル・クリーヴァー役を演じるのは、ヒュー・グラント。

堅物だけど敏腕弁護士のマーク・ダーシー役をコリン・ファースが演じる。

この3人が織りなす恋愛ドラマは、結婚の有無に関係なく女性なら誰しもがクスっと笑えてキュンと来る…そんなお話になっている。

この作品が大好きな私は、もう何度見たか分からない。

繰り返し見ても、その度に「よし、頑張ろう!」と元気がもらえる作品だ。

スポンサーリンク

あらすじ

舞台はロンドン、大手出版社に勤めるブリジットは独身のまま32歳の冬を過ごしていた。

そんな中、クリスマスホリデーに参加する為に実家に帰省する。

「結婚しないの?まだ?」親戚や親から投げかけられるセリフにげんなりしながらも、母から紹介されたのは実家が近所だというバツイチで弁護士の男性マーク・ダーシーだった。

しかし、この時の互いの印象は最悪で結局2人は罵り合ってしまう。

ブリジットはマークを少し素敵だと思ったもののマークが着ていたインパクトあるトナカイ柄のセーターをダサいと感じ、マークはブリジットが口走った怠惰な生活習慣に幻滅してしまったからだ。

そんな最悪の出会いから自身に焦りを感じ、新年に心機一転しようと意気込んだブリジットが始めたのは日記。

喫煙家でお酒好き、ぽっちゃり気味のブリジットが新年に立てた目標は『酒・たばこの減量』『ダイエット』そして『誠実な恋人を見付ける』こと。

早速その目標を掲げて出社するブリジットだが、会社ではイケメンだがプレイボーイの上司ダニエルからのアプローチが待っていた。

ブリジットはダニエルへ好意を抱いているが、目標に立てた『誠実な恋人』からは程遠いダニエル。

そんな矢先、ブリジットは勤務先の出版記念パーティーの紹介挨拶を任された。

そして、気になっているダニエルからはパーティーの後ディナーに誘われてしまった。

少々悩んだもののパーティーに向けてスリムに見える矯正下着を準備したりと張り切るブリジットだったが、パーティー会場で弁護士のマークと偶然にも再会する。

マークの隣にはパートナーである美人弁護士、ナターシャの姿。

そして上司ダニエルと弁護士マークは顔見知りらしいのだが、何やら不穏な雰囲気だった。

パーティーは進行し、いよいよブリジットの挨拶。

会場に集まった人々は皆ブリジットに注目を集めた。

しかし、ブリジットはマイクのスイッチを切ったまま挨拶してしまう。

大切な場面で失敗して落ち込むブリジットを見兼ねてマークが声を掛けようとするが、ダニエルがすかさず声をかけて2人はディナーに向かうため会場を後にした。

そこでダニエルからブリジットへ語られたのは、マークとは大学時代の同級生であったが「昔マークに婚約者を寝取られた」という事だった。

ただのプレイボーイではないのだと同情を抱いたブリジットは誘いに乗ってダニエルの自宅へ、矯正下着に笑い合いながらも一夜を過ごした2人は恋人となって順調に関係を築いて行く。

幸せに浮かれて日々を過ごすブリジットのお酒・たばこ・体重は据え置きのまま。

そんなある日、実家の近所で開かれるパーティーにダニエルと2人で招待された事をきっかけに、前日に近くのホテルで宿泊してパーティーに参加しようと週末旅行へと繰り出す事に。

ブリジットは恋人であるダニエルとの旅行に上機嫌で出発した。

浮かれ気分のブリジット、しかしホテルに到着するとそこには、またしてもマークの姿があった。

2度目の遭遇を果たしたマークも同じパーティーに参加するらしい。

気を取り直して湖でダニエルとボートを楽しむブリジット、楽しそうにはしゃぐその姿が気になる様子のマークはブリジットを見ていた。

そしていよいよパーティー当日、嬉しそうなブリジットだったがダニエルは急な仕事でロンドンに帰ってしまった。

テンションは駄々下がり…しかもブリジット1人だけ仮装パーティーと勘違いしていてバニー姿での参加となってしまう。

プレイボーイな恋人の様子を怪しんだブリジットが帰りにダニエルの自宅に寄ってみると、ブリジットとは正反対のスレンダーなアメリカ人女性と浮気中だった。

しかもアメリカ人女性とダニエルは婚約していると告げられてしまい…。

作品の魅力

この映画の魅力は何と言っても主人公であるブリジットである。

恋愛と仕事、ダイエットにと頑張る、本当にどこにでもいるような女性。

主人公の設定上さえない女性を演じるレネー