【三重県】工場鑑賞の聖地・四日市コンビナートの夜景が本当に綺麗だった車中泊旅

四日市コンビナートの工場夜景 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

10月の終わり頃ルームシェア相手の親友ちゃんと三重県へ車中泊旅に出発した私は、東海道五十三次の宿場町・関宿で歴史深い一時を堪能し、次の目的地へ向かった。

一応、前回の江戸の町並み関宿観光の記録はコチラ

下調べでは、関宿から下道で約40分程度の予定だったが道中は酷く渋滞していて約1時間くらいかかっていた。

車の運転歴10年以上の親友ちゃん曰く「普段から渋滞する道なのだろう」との事、帰宅ラッシュの時間帯と被っていたのも原因かも。

そもそも四日市コンビナートは埋立地の港にあり、最終的に一本橋でしか行き来出来ないので『渋滞する』という前提で向かうのが良いだろう。

辺りは夕暮れ時から順調に暗くなって、目的地に到着した頃にはすっかり夜になっていた。

最終目的地がこちら『四日市港ポートビル』!

四日市港ポートビル

開館時間 10時~17時
     土日祝は21時(入場は閉館30分前まで)
休館日 水曜日(祝日の場合は開館)
    12/29~1/3
入館料 一般(高校生以上)¥310円
中学生以下 無料
ポートビル駐車場 無料76台

四日市コンビナートの夜景と言えば『工場夜景の聖地』と名高く、室蘭・川崎・北九州・山口に並ぶ日本の5大工場夜景に数えられている。

工場地帯の機械的で無機質ながら動き続ける様子は、なんとも独特の魅力があると個人的に思っていて、めちゃくちゃ楽しみにしていた。

ポートビルに入館してエレベーターにて14階の高層部『うみてらす』へ。

入館料をお支払いして私たちを待っていた景色は、まさに工場の夜景の骨頂だった。

綺麗~!!

思わず小声で「おぉ~!」と歓声を漏らす私たち。

海に向かってずっと続く無数の光は四日市コンビナートの工場地帯が発するものだ。

何だろう、煙突から立ち上った煙がゆらゆらと夜に溶ける感じとか…堪らない…!

別に隠していたつもりは全くないが、私は昔から工場夜景が大好きなのである。

もう静かに大興奮だった(笑)

中には三脚で本格的に撮影している人や、カップルもチラホラ。

一応三脚の使用は手すりより低い位置での使用が原則だそうなので、撮影を楽しまれる人はそこだけ注意です。

そして意外だったのが、私たち以外にも数組女性同士の入館客がいた事だ。

いや、女の人って夜景好きさん多いよね!私の周りにいないだけで…(笑)

ただ、ひとつ残念に思った事がひとつ…。