【前編】森林の中のヴィラでBBQしたら楽しかった過去旅

ログハウスヴィラ 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

今回綴るのはこのご時世中に振り返る過去の旅、しかもどんだけ行くんだと言われそうな滋賀県である。

その中でも長浜市の山の中、美しい森林と川が流れる大見いこいの広場へ馳せ参じたメンバーは両親と弟夫婦・そして私と親友ちゃん。

あいにくの雨模様だったが、大見いこいの広場へ到着した頃は霧のような小雨だったと記憶している。

普段感じる事の無い木々の騒めきや緑の香り、川がせせらぐそんな場所に建っているログハウスヴィラ…宿泊するのだと想像するだけでめっちゃワクワクしたものだ。

毎年恒例の家族旅行に参加するようになって間もなかった親友ちゃんも、初めて宿泊するヴィラという物に随分と浮かれている様子。

と言うか、一家総出で浮足立っていたに違いない。

受付にて鍵を受け取っていよいよヴィラへと向かう道。

まだ随分と暑い季節だった印象だが、霧みたいに降っていた雨も止んで随分と涼しい風が吹いていた。

そんな中で私たち大所帯が貸し切ったのがこちら。

傍にあるモザイクだらけの日除けタープの下でBBQまで出来てしまう素敵なログハウスヴィラ!

こうして写真で改めて見て見ると、お隣の棟と近くみえるけれど、ヴィラ毎に設置されているBBQエリアが反対方面にあるという事もあって全くと言って過言では無い程他の団体の気配を感じなかった。

他にある棟も一棟一棟が離れているし時折人の楽しげな声が聞こえるけれど、それはその場の雰囲気を盛り上げてくれる些細な賑わいくらいで気になる事すらなかった。

と言うか、私がこの大見いこいの広場について書こうと決めた理由は、その辺りが肝なのだ。

とにかく他人と密にならない!というのは現在のご時世めっちゃ大切な事だ。

この当時の我々がそんな事まで知る由は無かったけれど、緊急事態宣言が消えて他府県へ出向けるとしてもどうしても外出が肩身狭くなった昨今。

ここならば密になる事もなく、より気楽に楽しめるのでは…と思った次第。

ただ、むやみやたらに勧めるという事じゃなく、普段自粛を重んじてご時世的ルールを遵守している人が少しでも気楽に外の空気を感じられたら良いなぁ…と思った次第である。

さて、この大見いこいの広場には私たちが宿泊したヴィラの他キャンプサイト・コテージなんて所でも宿泊出来る。

とは言え私たちが宿泊したのはヴィラなので他の宿泊環境を知りたい人はコチラの公式サイトをどうぞ!

これでもかと大量に買い込んだ食料品を車から運び入れて、全員がBBQに向けて動き出す。

チェックインが15時からなので早々にBBQを始めてしまおうと息巻いていたのだ。

ヴィラの中の様子がこちら!

荷物及び人物にモザイクを掛けたので大変見辛い画像になっているが、とりあえず天井が高い!という事は伝わるだろうか(笑)

ログハウスヴィラと呼ぶに相応しい木の温もり溢れる空間には梯子があって、ロフトまで付いていた。

アパートなんかで時折ロフト付き物件とかを見掛けたりするけど、あいにく畳の我が家からするとロフトにはロマンを感じずにはいられない。

お部屋は広々していて片方カーペット、一段上がって畳となっている。

人数分きっちりと用意された真っ白のお布団。

眠った感想も含めて変なカビっぽい匂いとかも無いし、お部屋も清潔感があって綺麗。

古びた部分は致し方なしとして差し引くが、それにしたって貸切というのはどうしてこうも楽しいのだろう…全員めっちゃはしゃいでいた記憶(笑)

大人ばかりが揃いも揃ってキャッキャしていた。

そのままの勢いでロフトにも上がってしまうフットワーク軽めの私。

ロフトはまさかの畳だった。