【前編】町並みから見る水辺の生活・伊根の舟屋が美しかった!

伊根の舟屋 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターmamuです。

京都府の伊根と言えば伊根湾に面する舟屋が軒を連ねる光景が素敵な町である。

今回はそんな京都の伊根へ行った過去旅の記録だ。

一緒に旅をするのは安定の親友ちゃん!いつもの如く楽しそうに運転をかって出てくれた。

道中通り過ぎる有名観光地の天橋立を横目にワクワクしながらも、到着したのは『道の駅 舟屋の里伊根』。

小高い丘の上から伊根湾と舟屋の町並みを眺められる絶景スポットだ。

この日は本当に快晴でお出かけ日和、とても暑い夏の日だったと記憶している。

真っ青な海に大きな入道雲が綺麗…!

海に浮かんでいるのは、牡蠣の養殖場かな?

えぐみが無くてマイルドな口当たりだともっぱら噂の伊根の牡蠣、実はこの道の駅 舟屋の里伊根の『レストラン舟屋』にて期間限定で提供しているとの事。

この絶景もさることながら、私たちはその牡蠣を目当てにこの道の駅にやって来ていた。

キャッキャとはしゃぎながらもレストランへ続く階段を上り、更に辺りを見渡せる窓辺の席に着いたのだが…メニュー表の牡蠣には『売り切れ』のシールが貼られていたのである。

5月初旬から8月中旬までの間しか食べられない牡蠣…めちゃくちゃ残念だがこの日食べる事は叶わなかった。

気を取り直して海鮮丼を食べたけれど…申し訳ないがノーコメントで!!

これは余談だが、振り返ってみるとこのレストランがどうこうと言うより伊根周辺で食べる海鮮系はことごとく私の口に合わない。

…いつか素敵なお店と出会いたいなと個人的に思っている。

少々テンションが下がったまま道の駅を出発した私たちだが、伊根の町に向かう道中の道が素敵で簡単に気を取り直す事に成功した(笑)

海だぁ~!

窓を開いて車内に風が入ってくるだけで気持ち良くて、単純にも胸弾んでしまったのである。

次に目指したのは、伊根の観光案内所から目と鼻の先にある伊根浦公園。

駐車場が完備されていて、陸地からでも舟屋の様子を眺める事が出来るスポットだ。

ちなみに駐車場は最初の30分間は無料で、それ以降駐車料金がかかるシステムである。

先に高台から眺めていた事で「さっき見えてたあの辺かな?」と話しながらも潮の香りを感じた。

立っていた看板には、伊根の町が『重要伝統的建造物群保存地区』であると記載されていた。

日本海側に面しているにしては波が少ないのは、青島が自然の防波堤の役割を果たしているからとの事。

そう言えばここって日本海か!確かに荒々しい波を想像する日本海の姿とは全く違っているだろう。

水鳥が緩やかな波に揺られて穏やかに浮かんでいた。

可愛くて癒される(笑)

そして、私たちは間近で舟屋の光景をしみじみと眺めた。

未だ人々が生活している舟屋には、一家に一台車があるような当たり前の雰囲気で船が着けられていた。

味のある港町も大好きだけれど、それとも違った趣に古くから続く水辺の生活を感じる事が出来る。

住む上で私には到底及ばない苦労もあるのだろうけど、2階で眠っていても波の音が心地良いんだろうな~とか、窓を開いて見たら眼下に海が揺れている光景は素敵だろうなと想像するだけでワクワクした!

ただ、伊根の舟屋を見る時にはいくつか注意事項がある。

伊根町は京都府でも2番目に人口の少ない小さな町、住民の皆さんは漁業と農業を中心に静かに暮らしている。

舟屋はそんな中でも漁師さんの生活する場所であり、私たちと変わらず普通に生活しているのだ。

言うなれば、伊根の舟屋は『観光地』では無く『生活の文化財』。

十分にプライバシーに配慮する必要があるので、お洗濯物を写さないとか静かにするとか最低限の配慮を忘れずに見せて貰っているのだと心得ておこう。

伊根浦公園には、何だか細長い休憩スポットもあったのでのんびりと波音に耳を傾けるのも素敵な過ごし方かもしれない。

…とは言え、私たちの旅はいつもの事ながら貧乏旅!

この時も朝食なんて混ぜ込みご飯のおにぎりで済ませるくらいである。

駐車時間30分を超える前に退散!

余裕がある方は、地元漁師さんがガイドしてくれる遊覧船(1000円)もあるので、是非海から舟屋を眺めてみよう。

私たちは遊覧船は諦めたものの、次に向かったのは舟屋の内部を見学できる『幸洋丸』!

先程も記載した通り舟屋は個人の住宅なので、許可なく内部を見る事は出来ない。

と言うか、私たちみたいな一般人が突然訪問して「内部を見せて欲しい」とか許可を取ろうとしても、ただの迷惑行為である。

チラホラとすれ違う観光客の他は、本当に閑静な住宅地を歩いて小さな看板を発見。

其処に来て内部見学できます!と一般公開してくれるのは非常に有難い事だ。

あ、結局最寄りの駐車場は伊根浦公園の駐車場で、この幸洋丸までは徒歩10分くらいだった。

と言う訳で、いざ伊根の舟屋内部『幸洋丸』に潜入!

一般200円・小学生100円・以下無料
定休日 水曜日
営業時間 平日11時~16時
     土日祝10時~17時

私たちのような民にも優しい値段設定に下調べ中の私が飛び付いたのである。

味のある木造の木戸の奥から陽の光が漏れていて、私たちは目に見えてワクワクしていた。

お邪魔しま~す!