【大掃除】油汚れも水垢も簡単綺麗に落ちる洗浄剤を発見した!

きれいっ粉で磨いた換気扇のプロペラ 買って良かったおススメ品
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

この季節になると、少しずつ始まるのが大掃除ではないだろうか?

普段の掃除とは一味違う大掛かりな掃除の内容は森羅万象沢山あるが、その中でも骨が折れる掃除はキッチンの油汚れ・シンクや風呂場の水垢だろう。

それがめちゃくちゃ簡単に済んで時短出来たら感動しないだろうか。

私はする…と言うか、感動したのだ!

と言う訳で今回は、私が実際に使用して「これは優秀だ!!」と感動した代物を比較写真と共にご紹介しようと思う。

スポンサーリンク

きれいっ粉(きれいっこ)

我が家で大活躍した代物の名は『きれいっ粉(きれいっこ)』!!

自然に優しい多用途洗浄剤。

パッケージには除菌・脱臭・洗浄・漂白・脱脂なんて書いているし、裏には更に様々な用途が記載されている。

その用途をザっと並べるとこんな感じ!

・家具、家電、窓ガラス、床など色々な物の拭き掃除。
・煙草のヤニや臭い。
・エアコンや洗濯機の汚れや臭いに。

・油汚れの酷い作業着の洗濯。
・シミや黄ばみ落とし。
・部屋干しの嫌な臭いの解決。

・浴槽、排水溝などの浴室掃除に。
・風呂釜の洗浄に。
・洗面台やトイレ掃除に。

・食器の茶しぶ、水垢、油のぬめりに。
・排水溝の掃除に。
・ガスコンロの掃除に。
・ふきん、まな板、キッチン用品の除菌、漂白に。
・排水溝の消臭に。
・シンクの洗浄に。
・換気扇の洗浄に。

・哺乳瓶や食器の除菌、消臭に。

もうこれひとつで大活躍なのである。

きれいっ粉って何?

元々はクリーニング屋さんの秘密のしみ抜き剤として開発されたきれいっ粉。

改良を重ねて売り出してみると、しみ抜きは勿論の事「ひどい油汚れも落ちる!」と大好評。

油を含まない汚れに弱い一般の洗剤に対して、きれいっ粉には酸素が含まれているので茶渋やヤニ汚れも簡単に落とす事が出来るのだとか。

そんなきれいっ粉の主成分は純国産の過炭酸ナトリウムで、食品に添加される重曹と同じ構成成分なんだそうだ。

更にお湯に溶けるとオキシドールと同じ成分の『過炭酸ナトリウム』と『過酸化水素』に変化。

これが大腸菌の0157とかサルモネラ菌に有効なんだって。

用途一覧に赤ちゃんやペットの欄も記載されていたが、きれいっ粉の公式HPでは成分試験の結果も公開してその安全性を実証している。

当然手肌にも優しいので、手荒れが気になるこの季節でも安心して使えた。

更に公式さんがきれいっ粉の用途別使用法も載せてくれているので、購入後の活用法にも迷わない事間違いなしだ!

きれいっ粉公式ページはコチラ

実証 換気扇掃除!

と言う訳で、きれいっ粉がどういった物なのか分かった所で早速実証!

キッチンの大掃除の手始めに換気扇の掃除を開始する事にした。

きれいっ粉の中身はこんな感じの真っ白の粉。