【ぼくのなつやすみ2】昭和50年8月の夏を堪能するアラサーの不定期記録5日目

ぼくのなつやすみ夕方の公園での会話 ゲーム
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターmamuです。

これは、PS2ぼくのなつやすみ2海の冒険篇をゆるっとプレイする記録となる。

自粛に次ぐ自粛で自然不足に陥った私が元気な少年ボクくんに憑依して、自然豊かな富海の町を楽しんでやろうという魂胆だ。

舞台は昭和50年の8月、瀬戸内海に浮かぶ離島。

親戚のおじちゃんが営む民宿に夏休みの間だけ預けられた少年のひと夏のストーリーだ。

今回も私は少年になったつもりで全力で遊んだ。

前回の記録はコチラ

スポンサーリンク

5日目 はじめまして

無事近所の公園でラジオ体操を済まして、民宿の食堂で朝食を囲むおじちゃん一家とボクくん。

ここでボクくんからの質問が。

「ねぇ、この家のすぐ横を流れてる川は、なんて名前なの?」

多分ふと疑問に思っただけで、ちょっとした雑談のつもりだったんじゃないだろうか。

しかし、あの川に名前は無いらしい。

おじちゃんに至っては「川?そんなのあったっけ?」と、存在も意識していないくらいだ。

きっと昔からあって、そこにあるのが当たり前で、改めて認識する事が無いのだろう。

そういう物って無くなった後にふと思い出したりする物なんじゃないかなと思う。

おじちゃん一家との会話の流れから、何とボクくんがその川の名付け親になる権利を与えられる事になった。

これはボクくん責任重大!

大人でも川の名付け親になる機会など早々無いだろう。

シゲルに「変な名前付けるなよ」なんて釘を刺されながらも、朝食は賑やかに終わった。

川の名前かぁ~…当然私自身もそんなの付けた事が無いし迷ってしまうな…。

どうせなら少年らしく厨二っぽい名前とかどうだろうか、きっと同年代のタケシやシゲルは『かっけぇ!』ってなると思う。

…数年後確実に黒歴史になるから強くはおススメしないけど。

おじちゃん家を出ると玄関先におばちゃんが立っていた。

何でも若い女の人から予約の電話があり、1人旅でこの民宿に泊まりに来るそうだ。

「あれ、明日だったかな?」と、今日か明日かあやふやなまま玄関先で待っている様子。

おばちゃんは、ちょっぴりおっちょこちょいさんみたいだ。

のんびりしたこの町で暮らしている故のおおらかさとも言えるのかも。

アラサー目線で民宿の稼ぎがある事に内心安堵したのは秘密だが。

…だって、ねぇ?宿泊客がカメラマンのサイモン1人だと不安だろう…。

しかしこの夏休み中に関わる人が増えるのは嬉しいなぁ~と胸躍らせた私だが、結局この日にお客さんは来なかった。(笑)

右側がボクくんのアサガオ。

日々忘れずに水遣りしているから、順調に背丈が伸びている。

この調子で1位を狙う気満々だ。

さて、今日も今日とて占い的中率100%の光ちゃんの元へ急いでいると、公園へ向かう道中でタケシとシゲル兄弟に会ったのでご挨拶。

どうやらザリガニを捕まえていたそうだ。

あ、ちなみに朝の会話でボクくんが名付け親になることになった例の川は写真の左側のやつである。

シゲルが「ザリガニは釣りのいいエサになるんだ」と教えてくれた。

ちょっとずつだけど、打ち解けてきている感が嬉しい。

これからもっと仲良くなれるようにこれからも沢山話しかけたいと思う。

話題は少年たちのザリガニに戻り、ボクくんはこんな素朴な疑問を投げかけた。

「アメリカザリガニじゃなくて日本のザリガニはいないのかな?」

そう言えば、ボクくんが今まで捕まえたザリガニはみんな赤い色をしていた。

答えてくれたのはシゲル。

それもロケット中学生こと洋兄ちゃん曰くだが「日本のザリガニがいないのは、日本にアメリカザリガニが来たからいなくなったんじゃなく、日本のザリガニは元々秋田より北にしかいない」のだそうだ。

ボクくんは素直に感心した様子だった。

それはボクくんと夏休みを共にしている私も同じで、秋田より北にしか日本のザリガニがいないのは昭和50年という時代背景からか、今現在もそうなのか気になる所…。

このボクくんの時代から現在までそう変わっていない気もするけど、自然環境は大きく変化しているんじゃないかなぁと。

ザリガニ事情について知っている人がいたら教えて欲しい。(笑)

その後、今日どこに行けば良い事があるか占い少女光ちゃんに見て貰ってから、光ちゃん家の愛犬ケン坊にご挨拶。

動物大好きアラサーと夏休みを共にしているボクくんは、必然的に動物好き少年と化す。

こんな大きなワンちゃんを飼えるなんて羨ましい!

と言うか、私もなでなでしたい。

島を1周しつつ自由研究の昆虫採集を進めていると、お墓の辺りですこぶる怪しい人物を発見した。

…キョロキョロしている様子が不審過ぎて、最早墓荒らし。