【大阪グルメ】リピート確定「一龍堂」の餃子が美味しかった

餃子 グルメ
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターmamuです。

暑くなってくるとキンキンに冷えたビールと熱々の餃子が一層美味しくなる季節。

自宅で餃子パーティーがしたい!と言う訳で、購入した餃子が大当たりだった。

楽天スーパーセールのタイミングで購入した物だったのだが、送料無料・黒豚肉・内容量100個でお値段も安くて美味しかった、全てにおいて大満足だ!

何でも楽天ランキングで1位に輝いたと書いてあった。

そして、調べてみると見覚えのある店舗で驚いた。

大阪の街中でチラホラ見掛ける餃子の無人販売店の商品だったのだ。

スポンサーリンク

餃子専門店 一龍堂

一龍堂の公式ページを見に行ってみると店舗の歴史が赤裸々に綴られていた。

どうやら創業して年数が経っていないらしく誕生したばかりのお店らしい。

餃子が大好きな人物が仲間たちと一緒に生み出した餃子を安全に世間に届けたい、と言う理由でご時世に合わせて無人販売の形態になったそう。

独自のブレンド生地に国産豚肉、野菜は季節によって仕入れ先を厳選。

品質も国内工場での生産だし、HSCCP(ハサップ)に沿って衛生管理を徹底しているとの事だ。

店舗での購入方法も公式ページにて紹介されていた。

無人店舗の冷凍庫には40個入り1000円の餃子が陳列されていて、そこから自身で餃子を取り出し箱に料金を入れるシステム。

この箱がびっくりするくらいアナログで驚いた。(笑)

食券等の券売機が設置されている訳では無いのだ。

田舎に行った際に見掛けるお野菜等の無人販売と同じシステムで、おつりの概念は皆無のただの箱が設置されている様子。

これはあれだ、完全に信頼関係の中で成り立つ店と言っても過言では無いだろう。

そんなユニークな餃子専門店一龍堂は大阪市内に数カ所店舗を展開している。

ネットで購入するのもアリだけど、行けない距離では無いなら店舗で購入してみるのも楽しいかもしれない。

私は個人的に行ってみたいなぁと思っている。

美味しい焼き方

楽天から届いた餃子は箱に入っていた。

50個入りの袋が2つ入り、ずっしり重い。

取り出すとこんな感じ。

あと届くのが早い!

一龍堂が紹介している餃子の焼き方で早速焼いてみる事にした。

【簡単美味しい餃子の焼き方】

1:フライパンに油を入れる

熱したフライパンに油を大さじ2杯を入れて冷凍の状態のままの餃子を並べる。

個人的にゴマ油で焼いても美味しい。

並べ方はお好みで!

2:お水を加える

熱湯またはお水を120~140cc注ぎ入れる。

おススメは熱湯。

3:蓋をする

熱湯を注ぎ入れてすぐ蓋をして、中火で約4分蒸し焼きにする。

お水の場合は蓋をした後、強火で約5分加熱する。

4:水気を飛ばす

蓋を外して、水分が残っていれば火を強めて水気を飛ばす。

5:焼き目を付ける

水がなくなり、焼き音がパチパチに変化したら追い油。

餃子の個数や焼け具合によって油の量を加減しながら、大さじ約1/2程を淵から回し入れる。

これで完成!

この美味しい焼き方マニュアルは、購入すると付属で付いてくるので親切だ。

実食