【お手軽】紙とペンで遊ぶ楽しいお家時間!

手作りルドー ゲーム
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターmamuです。

自粛続きでお家時間が増えた昨今、テレビゲームも良いけれどずっとプレイし続けていると流石に疲れてしまう。

スマホにもアプリゲームが幾つか入っているけれど、黙々と個人で遊んでいるよりルームシェア相手の親友ちゃんとワイワイ遊びたい気分だった。

カードゲームに人生ゲーム…既存のゲームは一通り遊んだことだし、昔から身近にある物かつ簡単に遊べる”紙”と”ペン”を使うゲームに立ち戻ってみる事にした。

スポンサーリンク

福笑い

お正月に遊ぶイメージがある『福笑い』が日本に定着したのは、明治時代の1868年頃からの事。

起源や由来ははっきりとしていないそうだが、完成品を見て皆で笑い合うという事から縁起が良いので新年を祝うお正月に遊ぶようになったのではないかと言われている。

ただ縁起が良い事なんて年中あって良いだろう。

笑う門には福来る!という事で、早速ノートとペンを準備した。

元来の福笑いのイメージは”ひょっとこ”や”おたふく”だけど、ここは思い切って現代風にアレンジしてみる事にした。

ブラウン系のメイクにリップはオレンジ系にしてみたりと、パーツ作りから少し楽しい。(笑)

一番のこだわりは長い睫毛だが…妙に現代風にしたせいで不気味である。

パーツは目・口・鼻・眉くらいの物。

後は台紙になる輪郭を用意すれば準備は完成だ。

【ルール】

・目を閉じるまたは、目を何かで目隠しする。

・目隠しの状態で順に顔のパーツを台紙に並べる。

・勝利条件には色々あるけれど、面白い顔の方が勝ち!だったり端正な顔立ちの方が勝ち!だったり事前に決めておこう。

私たちはとりあえず目を固く瞑っている事を前提に、『より端正な顔立ちの方が勝ち』という事でゲームをスタートした。

先攻親友ちゃんに指示されたパーツを手渡しながらも、徐々に完成していく福笑いに肩が揺れる。

そうして完成した親友ちゃんの福笑いがこちら。

随分いぶかしんでいる女性が完成した。

どことなくピカソとか其方系の雰囲気がある。

そしてここで分かったのは、目を閉じている相手が真剣に作っているのがコレという間の抜ける光景に思わず笑ってしまうのだ。

目を開いた親友ちゃんと私は完成した福笑いの表情に笑い合った。

福笑いの語源通りである。

後攻の私も目を閉じてパーツを手渡してもらう。

徐々に完成して行く福笑いに、パーツを手渡してくれる親友ちゃんの気配が笑っているのを感じて、見えていない私までニヤニヤしてしまった。

そうして完成したのがこちらだ。

顔のパーツが中心に寄っていて感情は読み取れない。

間違いなく言える事は、どちらの福笑いも端正な顔立ちでは無いと言う事だろう。

私たちは結局どちらが勝利かニヤニヤしながら話し合い、どちらも勝ちを譲らずに福笑いは終わった。

終始ユニークな表情の福笑いを前にすると良い意味で下らなくて、実に楽しい時間を過ごした。

ルドー

イギリスのファミリーゲームの代