【女子車中泊旅】群馬県たくみの里は食べて遊べる凄い道の駅だった!

焼きまんじゅう 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちはアラサーフリーターのmamuです。

2023年5月、大阪を出発したのは22時を過ぎた頃……群馬県を目指して片道7時間30分のドライブが始まった。

これはルームシェア相手の親友ちゃんと車中泊で旅するのが趣味の私が、移動も合わせて5泊6日で群馬県を堪能した旅の記録である!

前回、月夜野びーどろパークではしゃいだ私達は次いで道の駅たくみの里を目指した。

一応前回の様子はコチラ

スポンサーリンク

道の駅たくみの里

月夜野びーどろパークから車を走らせること約30分、次いで到着したのは道の駅たくみの里。

私達が観光目的で何故道の駅を選んだかというと、道の駅を拠点に木工、竹細工、和紙等様々な手作り体験ができる体験型の農村があるからである!

自然豊かな風景には旧三国街道の須川宿の街並みが残り、たくみの里全体の広さは330ヘクタール、全然想像出来ないが東京ドームに例えると約70個分になるそうだ。

更にエリアは4つに別れ、こんにゃく作り等を楽しめる古民家体験ゾーン、四季の里山体験ゾーン、果物の収穫を楽しめる五感を感じる農業体験ゾーン、ランチを楽しめる地域の生活文化体験ゾーンが広大な土地に広がっている。

そんなたくみの里の観光拠点である道の駅を目指していると、既に素敵な風景を発見!

藁の恐竜

藁で作られた巨大な恐竜、これが本当に大きくて手作りだと思うと気が遠くなりそうな迫力だった。

恐竜好きとしてブラキオサウルスだろうか……なんて考察をしている内に道の駅に到着!

提灯

イラストが描かれた提灯がかわいい広場には、またしても大きな藁のオブジェ『アマビエの正体見たり』が設置されていた。

藁のアマビエ

間近で見ると本当に凄い、不器用な私達には絶対に作れない作品だ(2人共に技術の成績2)作れたとしてこの大きさが我が家に鎮座した場合寝床を失う事になるだろう……。

さて、道の駅で観光地図をゲットして早速たくみの里観光へ出発!

とは言っても、この日私達は何か体験をするというより自然豊かな美しい景色を楽しみに来ていた。

道の駅から徒歩で程近い宿場町通りは、直線に何の遮りも無くやはり気持ちいい風景が広がっていた。