【過去旅】親友ちゃんと行く福井県 東尋坊と同じ柱状節理・鉾島編

鉾島2 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、前回ルームシェア相手の親友ちゃんと共に福井県立恐竜博物館をたっぷり楽しんだ私たち。

その後これまた有名観光地である東尋坊へ出発!

恐竜博物館を出るとシトシトと雨が降っていた、つまりこの日の東尋坊は雨模様だ。

家族で何度も訪れた東尋坊、私は今までも楽しく観光してきたけれど雨の日の東尋坊は初めて見る事になる。

キャッキャと会話に花咲く車内。

波の荒さが特徴的な日本海、雨模様なら火曜サスペンスみたいな荒々しい白波が見られるのではと思ったのだ。

何度も訪れているからこそ東尋坊の迫力を知っているし、高波の日は一層凄い光景が広がっているのではと想像が膨らむ。

しかしこの日の東尋坊はびっくりするくらい波が穏やかだった。

何なら今まで東尋坊を見た中で一番穏やかで静かだったのだ…。

開けた視界の先に雄大に広がる海は、今まで見て来た中で一番穏やかな日本海だった。

とは言え、高さ約25メートルの断崖絶壁はやはり壮観だ。

波の浸食で削られた独特の岩肌の形状は自然に出来たものなのに規則正しくもある。

残念ながらこの日の写真があまり載せられないのでサラッと紹介させてもらうが、やはり東尋坊はいつ訪れても断崖の迫力にワクワクとする場所だった。

東尋坊の凄い所は断崖絶壁にも関わらず柵の類が一切設置されておらず自由に散策できる事だろう。

故に崖の先に立って吹き上げる波風を感じるスリル溢れた体験が出来るのだが、雨の日は足元に注意!

滑りやすいので私たちは海の側まで行く事はしなかった。

地質学的にも世界的に珍しい形状の東尋坊、またゆっくりと訪れて詳しく紹介したいと思っている。

その後東尋坊のお土産屋さんが連なる通りへ。

東尋坊の近くにはお土産屋さんや海鮮丼などの海産物が味わえるお店が軒を連ねているのだ。

その内の一軒に立ち寄って頼んだのはウニ!

\1080円でこのウニが2つ付いていたので、親友ちゃんとひとつずつにしていただきます!

ひとり500円と考えれば…みたいな感じで食べたけれど親友ちゃんはダメだったみたい。

臭み