【過去旅】親友ちゃんと行く福井県 東尋坊と同じ柱状節理・鉾島編

鉾島2 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、前回ルームシェア相手の親友ちゃんと共に福井県立恐竜博物館をたっぷり楽しんだ私たち。

その後これまた有名観光地である東尋坊へ出発!

恐竜博物館を出るとシトシトと雨が降っていた、つまりこの日の東尋坊は雨模様だ。

家族で何度も訪れた東尋坊、私は今までも楽しく観光してきたけれど雨の日の東尋坊は初めて見る事になる。

キャッキャと会話に花咲く車内。

波の荒さが特徴的な日本海、雨模様なら火曜サスペンスみたいな荒々しい白波が見られるのではと思ったのだ。

何度も訪れているからこそ東尋坊の迫力を知っているし、高波の日は一層凄い光景が広がっているのではと想像が膨らむ。

しかしこの日の東尋坊はびっくりするくらい波が穏やかだった。

何なら今まで東尋坊を見た中で一番穏やかで静かだったのだ…。

開けた視界の先に雄大に広がる海は、今まで見て来た中で一番穏やかな日本海だった。

とは言え、高さ約25メートルの断崖絶壁はやはり壮観だ。

波の浸食で削られた独特の岩肌の形状は自然に出来たものなのに規則正しくもある。

残念ながらこの日の写真があまり載せられないのでサラッと紹介させてもらうが、やはり東尋坊はいつ訪れても断崖の迫力にワクワクとする場所だった。

東尋坊の凄い所は断崖絶壁にも関わらず柵の類が一切設置されておらず自由に散策できる事だろう。

故に崖の先に立って吹き上げる波風を感じるスリル溢れた体験が出来るのだが、雨の日は足元に注意!

滑りやすいので私たちは海の側まで行く事はしなかった。

地質学的にも世界的に珍しい形状の東尋坊、またゆっくりと訪れて詳しく紹介したいと思っている。

その後東尋坊のお土産屋さんが連なる通りへ。

東尋坊の近くにはお土産屋さんや海鮮丼などの海産物が味わえるお店が軒を連ねているのだ。

その内の一軒に立ち寄って頼んだのはウニ!

\1080円でこのウニが2つ付いていたので、親友ちゃんとひとつずつにしていただきます!

ひとり500円と考えれば…みたいな感じで食べたけれど親友ちゃんはダメだったみたい。

臭みの無いウニ…とはいかなかったので残念だ。

また日や時間帯が違っていたら感想も変わっていたかもしれないので、あくまでもこの日の記録という事で悪しからず。

とりあえず言える事はこの時もめっちゃ楽しんでいたという事で、充実した一日に大満足していた。

そろそろ眠る場所を探そう!と再び車を走らせる私たちは日本海沿いの道を走った。

車中泊なので道の駅を目指して車内にはお気に入りの音楽が流れていたのだが、その道中で海に突き出した島を発見して立ち寄ってみる事にした。

目的地はありながらもこうして気ままに立ち寄れる旅は新たな発見があったりして楽しいものだ。

「何やろ…寄ってみる?」となった時は胸が弾んだ。

私たちが海岸沿いに発見したのはコチラの島。

立て看板にてここが鉾島(ほこじま)という島だと分かった。

道路脇の駐車場には公衆トイレもあって、私たちが知らなかっただけでそれなりに人が立ち寄る場所のようだ。

島へ続く細い歩道の入り口には鳥居が設置されていて、立て看板にはこう説明書きされていた。

『東尋坊と同じ柱状節理が見られ、海に突き出るようにそそり立ち、岩が鉾を立てたように並んでいることから鉾島の名がつきました。』

つまりこの鉾島はまんま東尋坊と同じ五角形の規則正しい岩肌だという事だった。

ほー、早速探索!

島へと海に伸びる細い遊歩道にドキドキしながらも足取りは軽く、最早冒険気分だ。

その広大な規模から世界遺産になった東尋坊と比べると小規模ながら、辺りにゴツゴツと並んだ荒々しい岩肌の美しさはあまり変わらない。

「凄いなぁ!」なんて言いながらも進んで行くとその内設置されていた柵が無くなった。

足元はしっかり整備されているので危なげは無いけど、道幅が狭いので一応足元には注意した方が良いだろう。

右手にはそそり立つ岩の壁、左手には海という歩いているだけで楽しい景色!

この日は生憎の曇り空だったけど、夕方の鉾島は夕陽が美しい穴場なんだそう。

時間帯的にはこの日ばっちりの時間に立ち寄っていたのに…なんて思うと少し悔しいけれど、また行って見たい景色があるのだと思うと同じ場所でも色々な表情が見られるのは贅沢な事だと思った。

岩肌を伝うツタや隙間から茂る草がワイルドな冒険気分を盛り上げる。

時折石段をのぼりながら段々と高度を増していく景色。

結構風が強いな…。

潮風を直に浴びるので結構肌寒かったと記憶にある。

それにしても曇っているのに海が綺麗だ…!

海が綺麗とか風が気持ちいいというそれだけで楽しい気分になれる私たちは幸せ者だと思う。

時折立ち止まっては最初より遠くなった海を眺めて喜ぶふたり。(笑)

やはり東尋坊と同じ地質なだけあって、その景色は本当に似ていた。