【過去旅】親友ちゃんと行く昭和レトロの世界・福井県立歴史博物館編

博物館内展示の昭和の駄菓子屋 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターmamuです。

前回鉾島に偶然立ち寄ってはしゃいだ私たちは、無事道の駅に辿り着き車中泊した。

翌日も福井県はまた雨模様だったけれど、この日の観光に何ら影響は無い。

というのも昨日の福井県立恐竜博物館に続いて、この日も福井県立の歴史博物館に行くからだ。

この福井県立歴史博物館もまた、過去に家族で訪れて大好きになった場所である。

この2019年の福井県旅で私はもっと過去に訪れた場所ばかりを目的地に選んでいるけど、それはルームシェア相手の親友ちゃんが福井県観光が初めてだという事で、見知った場所の方がPRし易かったからだ。

自身の好きな場所を大切な親友に好きになってもらえたら嬉しいというのは、私にとって至極当たり前の感情なのだ。

と、前置きが長くなったが、私たちがやって来たのは『福井県立歴史博物館』!

入館料は驚異の一般100円、高校生以下・70歳以上無料。

外観もスタイリッシュで如何にも博物館らしい。

駐車場無料、収容60台くらい。

この博物館には福井県の特有の福井鉄道の歴史・福井空襲・震災などの大変勉強になる資料が展示され、その歴史は旧石器時代から遡って展示されている。

他にも昭和30年代後半から40年代の高度成長期を経た日本の様子を展示したコーナーがある。

福井の歴史は勿論なのだが、この『昭和のくらし』という展示室が私は特に大好きなのだ。

歴史ゾーンは撮影禁止なのだが私たちはそちらもゆっくりと回った。

観光している土地の事を知るとより面白い事が沢山ある。

しかもこの歴史ゾーンも結構な規模で、見て回りながら親友ちゃんと意見交換するのは楽しかった。

そして、昭和のくらしゾーンは撮影OKなのでこの展示室を重点的に紹介させてもらう。

展示室の入り口ではレトロな車がお出迎えしてくれる。

とりあえず愛車気分でポーズを決めて記念撮影する免許なしアラサー。

ピンク色でかわいい車…車に詳しくないので車種が分からない。

詳しい人…教えてください…。

ノリノリの記念撮影を終えて早速昭和の暮らしゾーンへ!

一歩足を踏み入れると見える立派な展示の数々に驚かされる事だろう。

まず見えるのがコチラの展示、曇ったガラスから漏れる光に薄っすら浮かぶ内装。

この時点で昭和レトロ好きとしてはアンテナが反応してしまうだろう。

ガラス越しに中を覗くと…うはー!この雰囲気は駄菓子屋さんだ!

私が幼い頃に足繫く通っていた駄菓子屋さんより時代背景が昔だけど、私でも懐かしさを感じる素敵空間。

今でも勿論昔のスタイルのまま営んでいる駄菓子屋さんは日本中に存在するのだろうけど、私の住む近辺では見かけなくなってしまった。

今の子供たちはこの安価なお菓子がズラリと並んだ夢みたいな空間を知っているのだろうかと、ふと思った。

人が周囲にいないのをいい事に「おばちゃーん、お菓子買いに来たー!」なんて茶番を始める私たち。

もう雰囲気が堪らない…。

幼い私は100円で真剣なやり繰りを日々していて、500円持って来た子は羨望の的だったなぁ。

私が買っていた駄菓子は、ポテトフライ・うまい棒・焼肉さん・ブタメン・ココアシガレットにきな粉棒…ただただ懐かしい。

展示室全体の雰囲気はまるで小さな町みたいで、ドキドキしてしまう。

昔は当たり前だった筈の物が今や展示品だなんて、今私たちが生きている時代の物もいつか展示されるのだろうと考えると不思議。

『平成のくらし』とかって展示されるなら是非見て見たいな。

私は昭和の時代に生まれていないし、生きていないけど懐かしさを感じる。

令和に生まれた子たちも私と同じ感情を抱くのか、少し興味がある。

駄菓子屋さんのお隣には定食屋さんが。

美味しい定食が提供されそうなお店だ。

何か写真で改めて見て見ると今でも全然営業していそうだな。(笑)

奥からおじさんが出て来て空いたお皿を持って行きそうである。

この定食屋さんの前には定食のサンプルも実際のお店さながらに飾っているのだが、私たちはその前で「どれ食べたい?」なんて話したりした。

そして、一軒のご自宅へ…と言ってもこちらも展示だけど。

リアルで妙に漂う生活感。