「安易に月に行くな!」人生ゲームで親友ちゃんと遊んだ話

人生ゲームのコマ ゲーム
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターmamuです。

この間親友ちゃんと人生ゲームをして遊んだのでその記録なのだが、やはり長年親しまれているゲームだけあって面白かった。

子供の頃は気付かなかったぶっ飛び設定などにも触れながら緩く綴って行くのでお付き合い頂けると幸いです。

遊んだのは私が小学生の頃に家族と遊んだこちらの人生ゲーム、年季が入っているのでかなりボロボロだ。

ルール説明は不要かと思うが、一応簡単に言うと2~6人の各プレイヤーがコマを進めながら億万長者を目指すゲームである。

その道中には家を購入したり結婚したりという人生の一大イベントも織り込まれているが、とにかく億万長者になった者が勝者というルールだ。

使用するのは何故か米ドル。

2021年5月現在で換算すると1ドル約110円なので1000ドルで11,000円となる。

さて、最初のスタート資金として手にするのは3000ドルなのだが、この時点で掛け捨ての自動車保険に1000ドルで加入する事が出来る。

私と親友ちゃんは其々自動車保険に加入して手元には2000ドルと自動車保険が残った。

日本円に換算するなら22,000円…まぁこれから就職活動するし平気だろう。

好きな色の車を選んで自身の分身となるピンを刺してスタート地点へ。

親友ちゃんは緑の車、私は白の車を選んだ。

私自身は自動車免許を所持していないけど、イキって外車使用にした。

疑似的に人生を進むゲームなので自分自身を投影しながらも理想を詰め込んだスレンダー美女という設定だ。

まぁ実際はただのピンなので忘れて頂いてかまわない。

親友ちゃんにもどちら側のハンドルにするか尋ねたけど、日本車で良いそうだ。

其々にルーレットを回して、より大きい数字が出た私が先攻として、いざゲームスタート!

この時点でフリーター街道を進む『ビジネスコース』と手に職を付ける『専門職コース』のどちらかを選ぶ事になるのだが、現実がフリーターなのでスレンダー美女には専門職コースを進んでもらった。

どうやら私は先生になるらしい。

月収12,000ドル…換算すると132万円。

要らぬ妄想で社会科の先生になった私だが、どれだけ有能でも凄すぎる…その学校大丈夫なのか…?

一方その頃親友ちゃんはリカちゃんと映画館に行って1000ドル支払っていた。

映画館に行って約11,000円のお支払。

「リカちゃんって誰やねん…」と呟いた親友ちゃん、多分友達か何かだろう。

と、この時点でいちいち日本円に換算すると大変な事になるという事がご理解いただけるだろう。

私は就職を果たした後に初給料を無事頂いて生命保険に加入したりして、懸賞応募にのめり込んでいた。

3000ドル分のハガキを購入…そのハガキの枚数約523枚って…どんだけハマってんねん!!

私がハガキを爆買いしている頃親友ちゃんはデザイナーに就職、そして私と同じコマに止まる『追突事故』を起こした。

自動車保険に加入していた親友ちゃんは人生ゲームのルールで、保険を取り上げられてしまった。

代わりに銀行から私へ10,000ドル支払われたけれど、ここから次の機会まで親友ちゃんは無保険状態となる。

リカちゃんと映画に行き、追突した挙句、私と同じハガキ爆買いとは全くついていない。

事故に合ってしまったけど、私はそこから直ぐに結婚する運びとなった。

旦那さんのピンを刺し込むタイミングでさりげなく運転を旦那に任せる事にしたけれど、ルーレットで決まるご祝儀は『もらえない』だった。

悲しい…。(笑)

直後親友ちゃんも結婚、互いに「おめでとう」と言い合うシュールな時間。

一応親友ちゃんにも「運転どうする?旦那さんに任せる?」と尋ねてみたけど、はっきりとした声で「自分で運転する」と返って来た。

同じような人生を歩んでいるようで少しずつ色が出て来た。

その頃私は20,000ドルでマンションの一室を購入した。

車と同じ色の旗を目印に立てる。

結構立派そうなマンションだが220万円は破格だ。

旦那は働いていないし、私は有能な先生だがこの人生ゲームに置いては高給取りではないので痛手にならない身の丈に合った家を選ぶ事にしたのだ。

これならハガキ爆買いみたいな突然の出費にも対応できるだろう。

就職、結婚、夢のマイホームと現実とはまた違った順調な人生を進む私。

次は夫婦でキャンプにお出かけするようだ。

車に乗っている人数分2000ドルのお支払。

「おい、旦那あんたも働いてキャンプ代くらい払いなよ」と言ってみたけど反応は無かった。

一方その頃親友ちゃんは