【手作り石鹸】本物の原石みたいな宝石石鹼を作ってみたら夢中になった!

宝石石鹸 日常
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

以前ゼリーみたいなプルプル石鹸を作って石鹸作りの楽しさに目覚めた私は、次の石鹸作りに挑戦する事にした。

プルプルでお菓子みたいな石鹸をもう一度作るのも良いけれど、今回挑戦したのは『宝石石鹸』!

一応、ゼリーみたいなプルプル石鹸を作った記録はコチラ

宝石石鹸とは、宝石の原石みたいな石鹸の事である。

待ちに待った宝石石鹸の手作りキットは一週間くらいで届いた。

パッケージから既にワクワクするじゃないか!!

へぇ~、こんな物がつくれてしまうのか…!

スポンサーリンク

キットの内容・準備する物

宝石石鹸キットの内容物一覧はこちら!

・M&Pグリセリンソープ(クリア)…約240g
・カラーチップ(レッド・イエロー・ブルー)…約10g
・説明書

その他、自宅で用意する物一覧がこちら!

・牛乳パック下から4cm部分(無ければお茶碗で可)
・包丁
・まな板
・紙コップ(無ければチン出来るお茶碗で可)
・透明プラコップ
・スプーン等
・ラップ

元々自宅にある物が大半だし、無くても簡単に手に入る物ばかりなので購入した場合は、ワクワクと準備して待とう!

作り方

①型になる透明のプラコップを牛乳パック下4cmの物に斜めに設置する

私たちは、牛乳パックが無かったのでお茶碗で代用!

②ソープはレンジで10秒ほど温めると溶ける

紙コップにクリアソープと好きな色のチップを入れて、10秒ほどレンジで温めてソープを溶かす。

10秒で完璧に溶けていない場合は、様子を見ながら5秒程温めると良い。

レンジで温めすぎると中身が沸騰して溢れたり、アワアワになってしまうので注意だ。

③、①で準備した透明プラコップに溶かしたソープを注ぎ込む

入れるカラーや量・順番によってデザインが変わる。

④最後までソープを注ぐ

好みで層を重ねて、最後は透明カップを立てて常温で固まるのを待つ。(目安は約1時間)

冷蔵庫などで冷やすとカット時にひび割れてしまい易くなってしまうので、常温で冷やそう。

カップを触って温かさが無くなっていたらOK。

⑤透明カップから石鹸を取り出す

ソープが固まっているのを確認したら、スプーン等の持ち手側をカップに沿って差し込んで中身を取り出す。

プラコップが割れてケガをしないように注意。

⑥包丁で好みのサイズや形にカット

初めは表面が丸くて滑りやすいので、ケガをしないように注意。

…というのが、全体的な流れ。

その他デザインの工夫ポイント!

・グラデーション
先に流し込んだソープが固まっていない内に次の色を流し込む。

・境目を崩す
先に流し込んだソープが薄っすら固まり出して膜が出来たタイミングで次の色を注ぎ、膜をマドラーや竹串で破ると境目が湾曲する。

・泡を含ませる
流し込む前の溶けたソープをかき混ぜて泡立てた状態で流し込み、固まる前にコップを転がすと空気が抜けて穴が開いたデザインになる。

手順を守って、自分が思う宝石石鹸を作ろう!

実践!

ベースになるクリアソープを紙コップに移す工程からスタート!