【ぼくのなつやすみ2】昭和50年8月の夏を堪能するアラサーの不定期記録7日目

ぼくのなつやすみ2プレイ画面夕方の診療所 ゲーム
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターmamuです。

自然への渇望からPS2ぼくのなつやすみ2海の冒険篇を引っ張り出した私は、昭和50年の8月を駆け回る少年と共に夏を謳歌する事にした。

青い空に入道雲、キラキラと光る海の元を全力で駆けるボクくんは、大人が忘れてしまった宝物みたいなひと夏を過ごすのだ。

眩しくて胸が弾む一方、懐かしくてどこか切ないそんなボクくんと私の夏休みの記録である。

一応、前回の様子はコチラ

すっかり日付が追い越してしまったけれど…さて、今日は何をしよう。

スポンサーリンク

7日目 富海の人々

今日も今日とておじちゃん一家と朝食を済ませて、元気に富海の町へ出発!

いの一番にアサガオの元へダッシュすると、ボクくんのアサガオには蕾が沢山付いていた。

右がボクくんのアサガオ!見て、蕾が付いた…!

日々忘れずに水遣りした甲斐があるというものだ。

はしゃぐアラサーと無反応のボクくん…いや、忘れなかったのは私かもしれないけれど水遣りをしていたのはボクくんだろう…?

もっと喜んでも良いのになぁ…もうすぐ花が咲くんだぞ?

…とりあえず今日も占いを聞きに行こう。

この作中屈指の占いの達人である光ちゃん、この子におススメの場所を占って貰えば面白いイベントや会話を楽しめる的中率驚異の100%という優秀な占い少女である。

いつものように占って貰う気満々で話しかけると光ちゃんは少し浮かない様子だった。

話を聞いてみると公園や海で遊ぶのも飽きてきたのだとか。

都会っ子のボクくんからしてみれば新鮮な体験で満ちている日々でも、ここで生まれ育った光ちゃんからしてみれば代り映えしない退屈さがあるのだろう。

そんな事をボクくんが考えているかは知らないが、ふーむと考え込んでいる内に素敵なお誘いを受けた。

「ねえ、あんた今日は光といっしょに秘密の砂浜まで行かない?」

男の子大嫌いを公言する光ちゃんからのお誘い、これにはボクくんも動揺を隠しきれない様子だったが、乗らない手は無いだろう!

いつも公園でひとり座っている光ちゃんの姿を思うと、同年代の子と遊ぶ姿が見られて本当に良かったと微笑む私は最早親戚のおばちゃん目線である。

それに秘密の砂浜なんて少年心を擽るワードだ。

そうと決まればと張り切る光ちゃんに癒されてニヤニヤする私と平静を装うボクくん…この少年は結構クールなのかもしれない。

光ちゃんに先導される形でいざ秘密の砂浜へ!と、その前にまず立ち寄ったのは光ちゃん家の愛犬ケン坊の前。

ボクくんも時折撫でに来る大きなワンちゃんだ。

光ちゃんはそんな愛犬ケン坊を大切なお友達と紹介してくれた。

めっちゃ良い子やん。

今まで沢山の動物と暮らしてきた私にピンポイントで刺さった。

近所には苦手な男の子しかいないから、ケン坊が光ちゃんの話し相手になっているのかも。

次いで、秘密の砂浜へ行く為に光ちゃんのおじいちゃんが務める診療所を通り抜ける事に。

「うちのおじいちゃんが、今までのお医者さんの中で一番長く勤めているんだって」

いつも光ちゃんのおじいちゃんにはお世話になってます。(笑)

チャーミングなおじいちゃんなので、ずっと健康に長生きして欲しい。

きっとボクくんだって楽しいお話をしてくれるおじいちゃん先生が大好きだろう。

余談だが、私は幼い頃例に漏れず注射が苦手だった。

この富海にいるおじいちゃんみたいな先生だったら、少しは怖くなかったかもなんて思ったり。

光ちゃんは先に行ってしまったけれど、折角立ち寄ったので2人とお話して行こうかな~と思っていたら看護師の凪咲さんからこんな事を聞いてしまった。

「お姉さん、明日の日曜日デートなんだよ…」

これにはボクくんも「え!だっだれと?」とビックリした様子だ。

凪咲さんはそんなボクくんへ心底嬉しそうに「ヒミツ!」と囁いた。

恋してるんだね凪咲さん…キャー!!!画面越しに私まで甘酸っぱい気分。(笑)

…と、ボクくんも光ちゃんと遊んでいる最中だった、先を急ぐ。

診療所を抜けて緑が茂る小道へ、画面中央に立っている木はクワガタが捕れる木だ。

それを証拠に私が憑依しているボクくんはクイーンカブトを倒す為、日々この木を執拗に蹴とばしている。

しかし、それよりもだ…唐突に光ちゃんを呼び捨てにするボクくん。

さらっと「光はクワガタ採らないの?」って。

おい!!!!!(笑)

凪咲さんのデートの話に触発されてしまったのだろうか。

光ちゃんも普通に喋ってるけど、良いの!?

男の子嫌いの女の子が心を開いてくれている事に喜ぶべきか、スケコマシに育ちそうな少年を危惧すべきか悩む。

そんな私の事を置いてけぼりに2人は漸く秘密の砂浜へ辿り着いた。

滝が見える綺麗な砂浜だ。

プレイしていると分かるのだが、ここの砂浜って本当にひっそりある感じで秘密の砂浜という響きにぴったりだと思う。

どうして秘密の砂浜なの?というボクくんの質問に、光ちゃんは「最近まで知らなかったんだ」と教えてくれた。

光ちゃんは、タケシやシゲルみたいに野山を駆け回って遊ぶタイプではないのだろう。

そしてここでいつもの如く唐突に登場するカメラマン・サイモン。

この日の記念を写真という形で残してくれるのは嬉しいのだが、本当に忽然と現れるのでびっくりする。(笑)

とは言え、最近退屈していた光ちゃんも単独で野山を駆けていたボクくんも楽しかったんじゃないだろうか。

最初こそツンとしていた女の子が楽しそうにしている姿を見られるのは純粋に嬉しい事だ。</