【滋賀県】醒ヶ井の清流に浮かぶ梅花藻の花が綺麗だった

梅花藻 日本旅
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

今回綴る過去旅は滋賀県米原市の醒ヶ井。

随分前になるが両親・弟夫婦・親友ちゃんとヴィラに宿泊したその時の旅である。

一応その時の様子はコチラ

旅日和とは言えない雨模様だったけれど、美しい景色を前にワクワクする事は変わらない。

皆そろってめっちゃ楽しそうに声を弾ませていた事を覚えている。

この時私たちが目的としていたのは、7月上旬から8月下旬にかけて小さくかわいい花を付ける梅花藻!

それに醒ヶ井とは中山道61番目の宿場町で、清流であるめっちゃ綺麗な居醒(いさめ)の清流が源流なので醒井宿に流れる地蔵川はその街並みも相まって美しい。

湖北八景にも選ばれたそこは、散策するだけで爽やかさを感じる名所なのである。

と言うのも、私たち家族はもっと以前にも醒ヶ井を訪れて美しい梅花藻に魅せられたのだ。

その景色を妹ちゃんと親友ちゃんにも!と再訪問する事となったのだが、雨模様にも関わらずやはり心が癒される綺麗な場所だった。

写真ではその美しさを十分に伝える事は難しいけれど、雰囲気をお楽しみ頂けると幸い。

ウキウキと車を降りた私たちは、早速地蔵川を覗き見た。

雨粒に波紋を作る地蔵川に揺れる梅花藻をよーく見て欲しい。

白くてかわいいお花が見えただろうか。

これが、見頃を迎えた梅花藻である…見ているだけで癒される~!

天候上伝わり辛いかもだけれど、透き通った川の中に浮かぶ小さなお花が静かに揺れていて、その光景を私たちはキャッキャと眺めた。

小っちゃくてかわいい~!

梅花藻は水温14℃前後の清流じゃないと育たない貴重な物だそう。

初めて醒ヶ井を訪れた私は、かつて藻に花が咲くという概念すら持ち合わせていなかった。

梅花藻を初めて見たその時は随分感動したものである。

醒ヶ井の街並みはこの梅花藻が漂う小川に沿って軒を連ねているのだが、その雰囲気もまた素敵。

こんなに綺麗な水が近くにある生活、憧れるなぁ。

軒先に掛けられた橋、昔はこの水が生活を支えていたのだと見て取れる民家から小川に続く階段とか見ているだけで楽しい気分になる。

この日がたまたまなのか、全体的にワイワイと観光客で賑わってはいない静かな雰囲気も味となって素敵。

小川を隔てた先にあるお店では、大きなスイカが軒先の川で冷やされていた。

暑い快晴の日だったらキンキ