【大阪名物】大阪箕面の隠れた名物 もみじの天ぷらって知ってる?

もみじの天ぷらのパッケージ グルメ
スポンサーリンク

皆さんこんにちはアラサーフリーターのmamuです。

あなたは『もみじの天ぷら』というお菓子を食べた事があるだろうか、更にそれが大阪の隠れた名物だとご存知だろうか?

もみじの天ぷら……他府県にお住まいならまず知らない、大阪に住んでいても詳しくは知らないという人も多いお菓子。

私は昔から好きでだったのだが、ルームシェアしている親友ちゃんが『もみじの天ぷら』を食べた事が無いと知り驚いたのである。

………もっと知って欲しい!

という訳で、今回はそんな大阪の隠れた名物もみじの天ぷらについてご紹介しよう!

スポンサーリンク

もみじの天ぷらとは?

もみじの天ぷらはお菓子だと話したが、一体どんなお菓子なのかと言うと紅葉の形をしたお菓子だ。

それだけ聞いて「なぁ〜んだ、もみじ饅頭みたいなもんか」と思ったならそれは違う。

もみじの天ぷらは読んで字の如く”紅葉を揚げた”お菓子なのである!

そんなもみじの天ぷらが販売されているのは大阪府箕面市(みのおし)、紅葉に色を付けた箕面の滝は大阪では屈指の紅葉スポットとして知られていて秋になると近隣県からも沢山の人が訪れる。

そんな箕面で、もみじの天ぷらが生まれたのは約1300年も前の事……箕面山にある修行道場を訪れる旅人に向けて『滝に映える紅葉の美しさ』をと振舞われたのが始まりだそう。

その食文化はそのまま根付き、現在紅葉の名所である箕面の滝へ続く歩道にはもみじの天ぷら屋さんが軒を連ねているのだ。

そんなに歴史深いお菓子が何故知られていないのか……それは、特産地である箕面市を訪れたとしてもシーズンとなれば売り切れ続出の食べられるかどうかわからない人気商品だからである。

実食!

もみじの天ぷらのパッケージ

と、ここまでふんわり歴史なんかを語ってみたが、何はともあれ味である。

早速いただきます!!

もみじの天ぷら

うん、そうそうこの味……パリパリサクサク優しく甘くてそれでいてジューシーなのである!

甘みやジューシーさの種類はかりん糖と似ていて妙に落ち着く懐かしい味がする……しみじみ噛み締めて美味しい。

揚がった衣に含まれた胡麻の香りも相まって芳ばしくもあり、何とも後引く美味しさだ。

紅葉を揚げているだけあって形は紅葉形、だけどそれにもそれぞれ個性があるのが何とも自然物らしくて楽しい!

もみじの天ぷら

噛じっていると中に見える紅葉も何とも風流だし、それこそ紅葉に染まった滝を見ながら食べたら最高だと思う。

何かわかりやすい味の例えがあればと自分の味覚ストックから引っ張り出した味としては、昔からあるお菓子のアスパラガスってご存知だろうか……あのお菓子とかりん糖の間みたいな味!(笑)

両方知っている人なら少しは想像出来るだろうか?それがサクサクパリパリ最高の食感になったみたいな感じである!!(笑)

ついつい手が伸びていつの間にか完食してしまう……長い歴史を歩んだ伝統の味、素朴で美味しく何とも雅なお菓子なのだ。

ごちそうさまございました!!

手間暇かけて作られる

まず天ぷらに使われる紅葉は紅葉真っ盛りの季節に一行寺楓という種類の物が1枚1枚丁寧に手拾いで収穫される。

間違っても箕面の山にわんさか生えている紅葉の物ではない。

収穫後は更に1枚1枚丁寧に水洗い、変色しないようにすぐに塩漬けしてアク抜き!

塩漬け期間は1年、そして1年経った頃に更に形の良い物を1枚1枚選び抜く……そう、もみじの天ぷらは選ばれし紅葉だけがなれるお菓子なのだ。

もうここまでの手間暇が凄いが、まだまだ揚げない……次に衣がふっくら仕上がるようにしっかり水に浸して塩抜き!

そしていよいよ天ぷらへ……衣は小麦粉、水、砂糖、胡麻で分量は各々のお店によって違い、長く培われた秘伝の分量なのだそう。

店によっては甘さ控えめだったりザラメでしっかり甘かったり、最近ではブラックペッパー等のビールと合いそうな味付けも登場しているらしい。

食いしん坊としては気になるラインナップ、食べ比べとかしてみたい……。

1枚1枚綺麗に揚げるのも熟練の技!衣を纏った紅葉を上質の菜種油で揚げてきつね色になったらいよいよもみじの天ぷらの完成!

店舗に行くと揚げている様子を見ることも出来るけれど、実のところもみじの天ぷらは揚げたてよりも少し油が落ちた2日3日後が食べ頃だそう。

だから店頭で販売されているのは揚げた2、3日後の一番美味しいタイミングの物だ。

これを書き始めた当初は、ここまで作り方がわかっているなら自宅でも作れそう!なんて思っていたけれどこれは無理だな(笑)

まとめ

という訳で、ここまでもみじの天ぷらをご紹介してきたが如何だっただろうか?

初めて食べた親友ちゃんも随分気に入ったらしく美味しい!とニコニコしながら食べていた。

そして癖になる味わいに気が付けばあっという間に完食……長い歴史のあるお菓子はダテじゃない。

ごちそうさまでした!!

ここまでお目通し頂いたあなたに『大阪にはこんな名物もあるんだ』と思って頂けると幸いです!

◇楽天1位◇【父の日ギフト】小品盆栽:出猩々もみじ(信楽焼鉢)もみじの天ぷらセット*【送料無料】bonsai

価格:3,970円
(2023/6/4 04:30時点)
感想(3件)