【かわいい絵本】バムとケロシリーズは子供も大人も魅了する

バムとケロシリーズの絵本 日常
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターmamuです。

あなたは絵本が好きだろうか、私は昔から大好きだった。

大人におススメの絵本として「100万回生きたねこ」とかが有名だろう。

大人の絵本好きとして勿論所持している私だが今回はそういう王道の絵本では無く、如何にも子供向けだけれど大人も楽しめるんだよ!という絵本を紹介したい。

それが『バムとケロ』シリーズである。

可愛くも美しい絵と面白おかしい愉快な日常を切り取った絵本は、きっと多くの人を魅了して止まないだろう。

スポンサーリンク

バムとケロシリーズとは

作者は島田ゆかさん、カナダのオンタリオ州に在住している日本人の絵本作家だ。

1994年『バムとケロのにちようび』で絵本作家デビューを果たし、2011年に出版された『バムとケロのもりのこや』で第4回MOE絵本屋さん大賞を受賞している。

そんな島田ゆかさんが生んだバムとケロシリーズは、子供はもちろん大人も魅了する魅力で溢れているのだ。

お洒落に飾られたインテリアや雑貨、見ているだけで食べたくなってしまう美味しそうなおやつの数々、1ページ毎に変化を見せる小さなキャラクターたち。

読めば読むほど新しい発見があったり、そういう小さな描写が本当に楽しくて何度読んでもワクワクとページを捲ってしまう、そんな絵本なのである。

しっかりもののバムとお茶目なケロ

主に登場するキャラクターは、いつも優しくてしっかりものの犬バムと遊ぶ事には全力投球のお茶目なカエルのケロちゃん。

シリーズを通して、このバムとケロが過ごす日常を読者は辿る訳だが、雨の何でもない日も寒い朝も全てが素敵に見えるのだ。

お菓子作りからお片付けまで、いつもケロちゃんの世話を焼いているバムは時にはお母さんにもお兄ちゃんにも見えてくるし、部屋中を滅茶苦茶にしながらもいつも全力で遊ぶ事を忘れないケロちゃんには無邪気な子供の姿を見るだろう。

そんな2人が過ごす穏やかながら賑やかな日常は、その絵のタッチと共に温かくて私はたちまち虜になったものである。

どんなお話?

まずはデビュー作からご紹介!

ネタバレにならない程度に緩く雰囲気を楽しんで頂けると幸い。

『バムとケロのにちようび』