【楽しい!】ダイソーのスクラッチアートのクオリティーが凄かった!

ダイソーのスクラッチアート 近くで見た様子 日常
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターのmamuです。

私とルームシェア相手の親友ちゃんは、自宅で足りない物を買い足す為に半年に一度ほど大きなダイソーへと出向いている。

あくまでも必要な物の買い足しが本来の目的なのだが、ついつい目移りしてしまうのは致し方ない…。

そして、先日発見したのがダイソーの『スクラッチアート』!

黒い紙に絵が描かれていて、それを竹ペンで削るとカラフルな色が浮かび上がるという物である。

以前SNSで見掛けてからずっと気になっていた物だった。

ダイソーの中でも大きな店舗だったので、ずらりと並んだスクラッチアートの数は31種類。

私たちは初心者ながら、上級者向けみたいな雰囲気のシリーズの中から各々『花3』と『和柄』をチョイスした。

不器用を自覚していながらも、絵柄の美しさに惹かれてしまったのである。

お子さんでも楽しめそうなキャラクター物からめちゃくちゃ細かい上級者向けの繊細な柄まで、様々な絵柄のスクラッチアートの中から好きな絵柄を選ぶだけでも楽しいものだった。

と言う訳で、早速遊んでみる事に!

開封してみると、1箱にホログラムタイプのスクラッチアート2枚とカラータイプ2枚・そして竹ペンが1本入っていた。

1箱で4種類遊べて税込み110円…お得な気分だ。

私が選んだ『花3』は、こんな感じ。

おぉ、かわいい~!!

かわいいけど…手先の不器用さに絶対の自信を持っている私…絵柄の細かさに怖気づく(笑)

一方、親友ちゃんが選んだ『和柄』も不器用さんにはハードルが高そうな雰囲気だった。

各々、絵柄の毛色が違っているのでキャッキャしながらトレードとかして、早速スタート!

意気揚々と付属の竹ペンで削り出した親友ちゃんの隣で沈黙する私…。

絵柄の細かさと竹ペンの先を見比べて欲しい。

…いや、これ竹ペンでは無理やろ(笑)

描かれている線よりも明らかに竹ペンの先の方が太いじゃないか…(笑)

何の問題も無く削り出した親友ちゃんを横目に、私が引っ張り出したのは竹串だった。

うん、この分だと削れそう。

スクラッチアートとは、この白い線にそって竹ペンで削っていくものなので黒い削りカスが発生する。

なので、下にチラシとかの要らない紙を敷いた方が汚れを気にせずに遊べるだろう。

ただ線をなぞって削るだけという単純で黙々とした遊びだが、ラジオなんて聞きながら「楽しい!」と言い合う私たち。

軽く線をなぞるだけでスルスル削れて色が覗くのだ!

スクラッチアートの大きさは両掌くらいとコンパクト、細かくてもすぐに出来てしまうんじゃないかと思っていたが甘かった…。

あっという間に30分経過。

私の進捗状況……えっ…(笑)

もう30分!?え、まだこれだけしか進んでないぞ!?

私は改めてスクラッチアートの全貌を眺めてメラメラと燃えた。

完成させるには一体何時間かかるのだろうとは思いながらも、作業自体は楽しいので再び向き合う。

こういう黙々作業が好きな人は夢中になってしまう事間違いなしだ!

私たちは慣れない作業にせっせと手を動かしながらも、お手洗いまで我慢して進めてしまっていた。

1時間経過。

最初よりコツを掴んで幾分作業スピードが上がった私だが、私の選んだ絵柄より大振りな和柄を進める親友ちゃんの方が断然進んでいた。

それから何時間経ったのか…ラジオの声に2人でクスクス笑ったり、ポツリポツリと会話を交わしながらスクラッチアートに向き合って3時間が経過した頃に親友ちゃんは「完成した!」と声を弾ませた。

その後も黙々と作業に勤しみ…4時間経過…。

完成にはまだまだだが、何だろう…めっちゃ楽しい!!(笑)

何より時間を忘れて夢中で没頭してしまう。

ただ、長時間続けていると使っているのが竹串な事も災いしているのか、自然と指先に力が入って指が痛くなってきた。

軽くなぞるだけで簡単に削れると頭で分かっていても、気が付いた頃には集中して力が籠ってしまうのだ。

完成を宣言した親友ちゃんも「指痛いなぁ~」と呟いていた。

だが、私のスクラッチアートは終わっていない。

黙々と絵を削る私の隣でまったり寛ぐ親友ちゃんをしり目に…漸く完成!!!

…掛かった時間、実に6時間だった。(休憩時間は除き)

達成感が凄い!やったぁ~完成したぁ!!

親友ちゃんと比較すると掛かった時間は倍だったけれど、その分やり切った満足感に満たされた。

まぁ…近くで見るとあれだけど…(笑)

不器用さん且つ竹串だったと考えると、遠目で見ればまずまずの出来栄えじゃないだろうか。

手は削りカスで黒く汚れてしまっていた。