【簡単】100均の材料だけでハーバリウムを作ってみたら楽しかった

ロングピンセットとナチュラルフラワーとハーバリウム 日常
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、アラサーフリーターmamuです。

私は雑貨や小物の類が大好きで、その大好きな雑貨達に囲まれて生活をしている。

ミニチュアマグネットなんかを部屋に飾って日々を楽しんでいるのだが、詳しくはコチラで。

そんな日々の中で、私は何年も気になっている雑貨があった。

タイトルにもなっているハーバリウムである。

いや、結構前からあるし何年気になってんだよ!と思われるだろうか。

私自身はそう思う。(笑)

そこで私はハーバリウムを手作りする事にした。

趣味でハンドメイドに挑戦する人も沢山いる昨今、調べれば安価でハーバリウムを作る術はネット上に溢れていた。

休日もお家で過ごしてばかりだし、純粋に新しい体験にも胸弾む。

不器用な私にも簡単に作れたのだから、あなたにもきっと出来る筈。

という訳で、不器用素人のハーバリウム作りスタート!

スポンサーリンク

全て100均で揃う材料

とりあえず調べてみて、材料は全てセリアで買い揃えた。

ナチュラルフラワー5種類・ハーバリウム専用オイル3つ・パールファイバー1つ・麻紐4カラーセット1つ・ロングピンセット25センチ1つ・何か雰囲気の良い瓶1つ

全部で12点、合計1320円のお買い上げ。

…冷静に考えると、普通にちょっとしたハーバリウムが買えてしまえる気がするが、とりあえず100均は早く110円均一に店名を変えた方が良い。

手順

さて、最初に良い雰囲気の瓶に貼り付いたバーコードのシールを剥がそう。

せっかく癒しのハーバリウムを作っても、バーコードが付いていては眺める度に現実に引き戻ってしまう。

しかし、シールを剥がしても残る嫌なネチョネチョ…。

あれを手っ取り早く取るには、ハンドクリームを気になる部分に塗ると簡単に落ちる!

他にも食器用洗剤も有効。

今回私は瓶の全体を洗いたかったので、食器用洗剤を使って掃除用の使い捨てスポンジで軽く擦った。

よし、綺麗になった~!ハーバリウム作成が現実味を帯び始めてウキウキ気分。

何だこれ、めっちゃ楽しいな!(笑)

まだ何も始まっていないのに、エンジョイする私。

早速パールファイバーの出番だ。

私が使用したのは白だけど、結構色味があったので作りたい雰囲気に合わせると良いかも。

ハーバリウム専用液を流し込むと花が浮いてしまったりするそうなのでパールファイバーを底に敷き、花を引っ掛けたりして浮き上がるのを防ぐそうだ。

パールファイバーを1束取り出して、手で乱雑に丸める!

1本1本がかなり細くて、ポロポロ落ちるのでゴミ箱の上とかでやった方が良いだろう。

私の場合、テーブルの上で丸めたのでめっちゃ細かい糸クズが散乱する事となった。

丸めたパールファイバーをロングピンセットで瓶の底に詰めれば、準備は万端だ。

お花の配置を考えよう!

瓶の横に並べて吟味。

瓶の容量を考えて茎をハサミでカットしたり、量を整えてみたり。

あーでもない、こーでもないを繰り返す。

んん…楽しいな!!(笑)

センスどうこうはともかく、やはり何かを作るというのは楽しい!(技術の成績2)

とは言え、一度切ってしまったお花は元に戻らないので結構緊張した。

あと、ナチュラルフラワーって結構独特な匂いがあるんだね。

漸く配置が決まり、いざ花を瓶へ。

長いピンセットって扱い辛い!

ピンセットで花を摘まむと、めっちゃプルプルしてて笑った。

ぎこちないが過ぎるピンセット捌きで慎重に瓶へ花をセット。

……これは可愛いのだろうか…?

花をセットする事に集中するあまり失念していたが、これは本当に可愛いのだろうかと不安を感じ始めるのがこの頃だ。

私はまじまじと瓶を眺め見て「…かわいくない」と呟いた。

すかさず隣から「可愛いよ!」とフォローしてくれる親友ちゃん。

……折り紙もまともに折れない不器用を極めし私にとっての難関を無事クリアした、という事で次の工程へ進む。

ハーバリウム専用オイルの出番だ。

今回私が使用したのはクリアの色味だけど、セリアには他にも青や黄色赤色のオイルが売られていた。

次回は他のも使ってみたいなぁ。

私が購入した瓶の大きさだとハーバリウム専用オイルを3つ使用した。

オイルは50mlで袋に入った使い切り仕様。

小さく角を切ろう。

これを花の配置がズレないように、ゆーっくり瓶へと流し込む。

注意!

・ハーバリウム専用とはいえ一応『オイル』なので、より安全性を高める為に火気の近くに置かない事。

・オイルは気温が高いと膨張し気温が低いと収縮するため、瓶のギリギリまで入れない事(オイルが漏れだすのを防ぐため)

あと、直射日光に弱いので長時間日光に当てない事が長持ちの秘訣だとか。

キラキラ光っているハーバリウムは綺麗だけど、日光を受けすぎると花の退色が早まってしまうのだそうだ。

…よし3袋分流し込んだ、完成は間近である。

あとは、麻紐で飾りのリボンを付けるだけ。

これは完全にあなたのお好みで、不要ならそのままで大丈夫!